FC2ブログ

テクニカルのダマシ

12月23日(日)

昨日(2018年12月22日)は、ラジオ日経で毎週木曜日に放送されている西原さんと大橋さんがMCのFX番組「集まれトレーダー! シンプルFXトレード」のリスナーセミナーが、東京証券会館1階のカフェであり、全国からリスナーの方が参加されました。

写真は、西原さんの来年相場の見通しなどの解説が終わり、後半の質疑応答コーナーになったところで、私もここから参加しました。
DvAUVp5UwAAsPb5.jpg
右にMCの大橋ひろこアナウンサー、そのスクリーンを挟んだ左に、西原宏一さん、竹内典弘さん、伊藤寿彦さんの元外銀チーフディーラーが並び、私は一番左端で、暗くてほとんど映ってません

このあとブッフェ形式の懇親会となり、飲み物や食べ物を片手に、遠方から日帰り参加されている方を始め、熱心なFXトレーダーの方々とお話しできて、楽しい時間でしたし、刺激にもなりました。
お話しして頂いたみなさん、ありがとうございました。

その際、何人かの方からご質問を受けたのは、「テクニカルのダマシ」についてです。
具体的には、チャートの高値や安値などを目安に自分がストップを置いたところに、相場が戻ってきて、自分のストップが狩られたあと、結局は元に動く、ダマシにやられる、という方が何人もいらっしゃいました。
FX都市伝説でよくある、「自分のポジションを知っているように戻ってきて、損切りさせられたあと、元の方向に動く」というヤツです。

この都市伝説は拙著でもご紹介していくらいよくあるものですが、やはり、お話をしてみると、この方々に共通しているのは、ダウ理論やローソク足の理論をご存じではなく、もちろん拙著もお読みではありませんでした

このダマシについては、拙著「ずっと使えるFXチャート分析の基本」でも解説していますが、チャートの基本的な見方、値動き分析の基本を知らないと、こうしたことが起こります。 
というより、そのポジションは狙われます。
間違った位置に損切りなどのオーダーを置いてしまうからです。

逆に世界中の参加者は、こうした基礎知識のない素人がストップを置きそうなところをチャートで探して狩に行きます。
ローソク足チャートを読めないと、相場のカモになるわけです。



また、ポジションの買い増し・売り増し、についてもご質問を頂きましたが、こちらも拙著で解説の通り、どこで買い増しするか、どこでポジションを増やすべきかは、適切な場所をチャートが示してくれます。

チャートはとても面白く、奥深く、そして身につければ汎用性があります。
株でも、為替(FX)でも、仮想通貨でも、みんなチャートの見方は同じです。
その基本を知らずにテクニカルを使うのは、当然ダマシに遭いますし、狩られることになります。
これはテクニカルの信頼性が低いのではなく、テクニカルの基本を知らずに取引するトレーダーの技量が未熟ということです。


明日は月曜日でクリスマスイブですが、日本も祝日です。
そして火曜日はクリスマスで、日本の年末年始以上にキリスト教諸国ではクリスマスは重要なので、今週はほぼマーケットはありません。
参加するのは日本、中国、アラブぐらでしょうか

世界中のトレーダーが休むこの時期こそ、じっくり本を読んで取引技術を身につける良い機会だと思います。
・・・あ、その時は、私の本も買って参考にして頂けると、著者としては大変うれしいです


新年相場は、来週1月2日から始まります。
日本では、初詣に行ったり、おせちやお餅を食べながら、箱根駅伝の中継を見たりして、どっぷりお正月気分かもしれませんが、その1月2日の夜から欧米は新年相場がスタートして積極的に取引が始まります。
クリスマス休暇を取っていたトレーダーも、みんな1月2日にはマーケットに戻っています。

ここからの1週間、忘年会もあると思いますが、来年に向けて充電に充てることで、ダマシに遭いにくくなれたら、来年の収益に繋がりそうです。

みなさま、本年もありがとうございました。
よいお年をお迎えください。
みなさんに、爆益

チャート分析の基本 p.107 図表22の間違い

11月21日(水)

拙著「ずっと使えるFXチャート分析の基本」をご購入頂いた読者の方より、p.107の図22について、コメント欄にご指摘がありました。

ご指摘内容は、
レンジ3は、1/18と1/26のレンジではなく、1/22と1/26ではないか?
また
レンジ6は、3/13と3/23のレンジではなく、3/21と3/23ではないか?
というものと理解しています。
usdjpy_20181121191456343.jpg
添付図に黒い三角で示した個所がご指摘の箇所で、す。


拙著と、当時のチャートを確認致しましたが、黒い三角で示した位置を高値とする方が正しく、拙著の記述が間違っています
つまり、レンジを抜けた時点での直近の高値は、ご指摘頂いた通りで、これは著述と編集のミスです。

お詫びいたします。


著者としては、間違えを指摘され、ちょっと恥ずかしいのですが、個人的には、このご指摘は大変うれしく思っています。

この方のように、本書をキッチリ読んで頂いていることもうれしいことですが、何より相場の動きを緻密にチェックしている点が素晴らしいです。

私自身はヒラメキで取引するタイプではありませんし、そうした神がかったものはありません。
よって、一つ一つを正確に、緻密にして、打てる手はすべて打った上で、それでも上手く行かなければ仕方ない、と考えるタイプです。

そうした意味でも、今回の見落としは私自身が残念です




また読者のみなさまには、今回の間違い箇所を訂正すべく、ブログとして図表と共にご紹介しておきます。


他にも誤字など何か不備な点があれば、ご指摘頂けると、次の版で訂正できますので、よろしくお願い致します。
すでに前回のブログエントリー「あちゃ~」でご案内のように誤字等についても、コメント欄にご指摘を頂いているので、これらは既に編集に伝えてあり、改訂予定となっております。

ご指摘、ありがとうございました。

また、コメント欄にご質問を頂く場合がありますが、メールアドレスだけを添付した非公開のご質問については、お答えできません。
個人的なコンサルティングになるからです。

ご質問等は公開頂き、読者の方、私を含むトレーダーみんなで共有して、相場を考える材料に出来ればと思います。
共にFXで取引するトレーダーは、 ではりません。 
私は個人投資家なので、FXをする人は、 トレード仲間 だと考えています。
自分だけではなく、他の方の利益にもなるようにと思いますので、ご理解を頂けますよう、お願い致します。

ではまた


追記=2019年1月25日 誤字を修正しました


あちゃ~

11月4日(日)

11月2日に発売となった、「ずっと使えるFXチャート分析の基本」ですが、知人のトレーダーよりミスを指摘されてしまいました

私も確認しましたが、明らかに編集ミスで、校閲段階の修正ができていない個所がありました。
ショック

他にもあるかもしれないので、これから、細かく私自身も見直して、ここにアップしたいと思います。
毎度のことながら、本を1冊作るのって、大変です。

が、著者の私だけでなく、出版社の編集や営業の方、編集プロダクションの編集者、デザイナーさんなど大勢の人が関わりながら、私の考えを1冊にして頂ける機会は大変ありがたいものです。

大勢が何度も確認していますが、締め切りという時間もあり、このような事が起こってしまいます。
申し訳ございません。

読者の方にはご迷惑をおかけいたしますが、印刷配本されている現在となっては、前著と同様に、この場で対応できればと思っています。

ひとまず、ご連絡まで

チャート分析の基本を考えます!

10月22日(月)

ご無沙汰しております、田向です。

先週まで本の執筆に追われていました。
はい、なんと3冊目の本が来月発売となります。

これは、2冊目のテクニカル本がご好評を頂いたからで、ご購入頂いたみなさまのおかげです。
ありがとうございます。

ちなみに7月の新聞では、楽天ブックスの上半期金融本で9位だったと報道されました。
楽天ブックスでもご購入頂き、ありがとうございます。


そして、今回の3冊目は、テクニカルの、基本中の基本、しかし誰もが見落としている点を書いています。
この基本がわかると、値動きから市場参加者の心理を紐解くことができます。
ChartFX.jpg
相場を動かすのは、売り手と買い手であり、そこには参加者の心理が反映されています。
これがローソク足チャートを見る意味だと、私は考えています。


自分がどう考えるかではなく、市場の多数派がどう考えているか、という心理を、値動きの基本から把握することが大事と考えているわけです。
このため、値動きを細かく追いながら、どこにどのような心理が働きやすいか、それがどう値動きに反映されていくのかをトレードする立場から考えています。

相場は常に動いているわけではなく、誰もが儲けやすい場面と、多くが迷っていて取引が難しい場面があります。
これは虹色チャートからずっと続く、私のトレードに対する基本的な考え方です。

これをキチンと見分けるために必要なのが、ローソク足チャートで値動きを見極めること、市場参加者の心理を読み取ることです。
虹色チャートの頃から、私自身も感じていたテクニカルに従っているのに騙されるのはなぜかという疑問を解決したのも、この基本を知ったことでした。

本書では主に、日足の動きを例にしていますが、値動きのメカニズムの解説としては、ローソク足そのものを例にしているので、あらゆる時間軸で活用できますし、私もこうしたローソク足の値動きを元に、他のテクニカル指標を加えて判断しています。

また広いレンジの後はどうなるか?とか、ダブルトップやトライアングルなどのフォーメーションで騙されないための考え方などをローソク足分析をキッチリとすることでご案内しています。

昨年末発売の前著「1日2回のチャートチェックで手堅く勝てる兼業FX」と合せてお読みいただくと、より理解して頂きやすいと思いますし、前著で書いた内容がその後どうなったかも書いています。



今年は値動きがあまりなく、動きにくい相場になっています。
だからこそ、無駄な取引を減らし、無用な損失を避けることが大切です。

特にドル円相場は、1年前に前著で書いたレンジ内の動きが続き、10/4は114.546まで上昇しましたが、昨年11/6高値114.732を上抜けできずに10/15には111.626まで押されました。

この昨年11月高値(114.732)は月足の高値なので、ここを上抜けないうちはトランプラリーの高値118円に向けて動けません。
つまりドル円は、まず上は115円したは104円を越えないと動けないわけです。
ということは、その間でポジションを取っても、なかなか利益になりません。

そうしたことも、チャート分析から読み取れるので、ご興味があれば、是非お手に取って頂ければと思います。
動きにくい今だからこそ、100年以上相場で役に立っている基本中の基本に少し時間を割いてみてはいかがでしょうか。

ではまた



GPD Pocket

8月31日(金)

昨夜のアルゼンチン中央銀行の緊急利上げ(なんと15%利上げで、政策金利は年60% なんじゃそりゃ)で、ペソが暴落

トルコ・リラなど新興国通貨は軒並みさげて、リスクオフになりました。
メルマガや為替予想、twitterで書いたドル円は、110.90を割り込み、水曜からの上昇の動きはキャンセルされています。


そんな相場の動きで、アタフタしている人もいると思いますが、外出先でもちゃんとチャートを見たい人にお勧めなのが、このパソコン GPD Pcket

こんなyoutubeも参考にして頂ければと思いますが
https://www.youtube.com/watch?v=bm7p4oGzEKc

トレーダーが使うなら、こんな感じでしょうか?
IMG_2663_201810242039417ae.jpg


いつもと同じ15通貨ペアが表示されるMT4環境をそのまま持ち歩けています。
詳しくは、【 GPD Pocket 】 で検索して頂くと、youtube動画をはじめ、いろいろ出てきますが、要するにWindows10を搭載した、キーボートとマウスポインタ付きのれっきとしたパソコンです。

今回はブログ用に写真を撮りましたが、トレーダーの私にとっては、カッコづけではなく、実用性の問題なのです。

今や普段の取引のほとんどiPhoneですが、やはりチャートは、フルのMT4を見たいんですよね。
取引業者がMT4でなくても、この高機能チャートはとても魅力で、もう10年ぐらい何より最も長く使っているチャートなので、ローソク足をベースに使うにしても、インジケーターを表示させるにしても、何にしても使いやすいMT4をwindowsで持ち歩けるのはとても安心感があります。
また、調べものもパソコンの方が遥かに使いやすいと感じでいます。

また、私はトレーディングのほかに、元シティバンクの西原宏一さんがエフピーネットダイヤモンド社から発行しているメルマガで補助としてテクニカル分析の寄稿をしたり、インヴァスト証券 INVAST NAVIに為替予想を執筆している関係で、Windowsマシンが必須なのです。

・・・そこでこちらのブログ記事にあるようにマシンも持っていましたが、さすがに非力でWindowsアップデートもできなくなり、セキュリティ的に使えなくなりました
IMG_4151.jpg


以前は、レッツノートを携帯していましたが、ひとまず携帯しよう、という使い方には重いです。
特に、テニスのように遊びに行くような場合には、使わないことが多いので、だんだん持ち歩かなくなってしまいます。

そこへいくと、480gは偉大です
この重さだと、持ち歩きを気にしませんし、いつでもどこでも持ち歩けます。
なにしろ、週の半分ぐらいはストレス解消と運動のためテニスクラブにいるので、テニスの合間にクラブハウスからチャートを見たり、取引したり、コメントを書いたりできちゃうわけです。

キーボード入力ができるwindowsがいつも携帯できているのは、私のような仕事と遊びの区別がつかないような人には最適で、キータッチがしっかりしている点も好みです。

使ってみると、1日2日ぐらいの出張やセミナーなら、これだけで行けますし、モニター出力も問題なく、どこでもWindowsが使えます。
iPhoneは常に持ち歩いているので、ネットに接続するときはテザリングできますし、セミナー会場などにはwifiもあります。
またバッテリーも十分に持つので、日常的な使用では、週に1度ぐらいの充電で足りています。
またバッテリーが不足でしてもUSB-Cで充電可能なので、iPhoneの予備バッテリーで兼用できる点で荷物が減ります。
マウスがいらない点も評価しています。

さすがにキーボードはかなり小さい上、英語キーボードなので、本格的に文章を書くとか、本を執筆するのには使いにくい部分もありますが、メルマガやレポート、twitterぐらいは書けますし、なによりMT4チャートが見れるのが便利です。

もともとは、新しいモノ好きの西原さんが昨年購入して、書籍で紹介していたものですが、私は約半年以上遅れて購入しました。

私は、とても慎重で臆病なタイプで、多くの人のレビューや記事を読み、生産が安定したであろう時期のロットを購入したため、ちょっと不安な中国製パソコンGPDpocketですが、何のトラブルもなく使えています。

・・・ちなみに信頼性という意味では、レッツノートRZが、今よりさらに軽く、かつ、USB-Cの充電に対応するのを待ってます

この辺は、トレード・スタイルと同じでその人の性格が反映されていて面白いところです。
目ざとく、金融市場の新しい動きに素早く乗る西原さんと、私のように慎重に諸々確かめてキッチリしてから入るタイプは、トレーディングでもこうしたガジェットの導入でも、同じものを選択してもタイミングが全く違います。

トレーディングには自身の性格が強く反映されます。
ルールや時間軸も自分の性格に合っていることが重要です。
性格と合わないことをしても上手く行きませんからね。

最後はトレーダーの性格の話になってしまいましたが、impulsiveな人と、私のようなmehtodicalな人とでは、同じことでもアプローチが違うので、トレードツールだけでなく、自分の性格も見直してみるといいかもしれませんね。


ではまた

追記
2018年10月24日 画像を変更、youtubeを加筆しました

動かない相場

7月30日(月)

暑い日が続いていますね。

相場は動かな日が続いています。
チャートは、私が毎日、西原メルマガ(エフピーネットと、ダイヤモンドで発行)で、配信しているディナポリ・チャートで、ドル円の日足です。

※ちなみに「日足」は、「ヒアシ」と読みます。 「ニッソク」と読む人は自分が初心者と思った方がいいですし、誰のwebセミナー等の映像配信でも、「ヒアシ」と言い、「ニッソク」という講師はいないので、そうした点で、ご自身に細かな注意力や観察力に欠けている、と意識した方がいいかもしれません。
 自分の性格や注意点を知ることは相場をする上で、大切です。

usdjpy_201807301607491fb.jpg

メルマガでは、日々の値動きをこのように高値安値などのラインを引いて解説しているので、拙著をお読みいただいた方は、実戦の参考になると思います。

このチャートを見ると、5/21高値と、5/29安値のレンジが、ずっと続いています。
このレンジは、7/11に5/21高値を上抜けるまで、1カ月以上続きました。

つまり、相場は、そんなに毎日動くわけではない、ということです。
レンジが7割、8割と言われるのも、合っているわけですね。

ということは、現在も値動きがありませんが、こんなのはまだ序盤で、まだまだ動かない場面が続いても焦る必要はない、ということです。

しかし、FXで儲けたい、という人は、「欲が先走る」のでガマンができず、いろいろ手を出して結局は、損をしてしまう場合が多くあります。
特に、FX初心者の方は、テクニカルとか、ファンダメンタルズとか、相場分析ができれば、儲けられるように思いがちですが、そんなことはありません。
相場の多数派はどちらか、売り手と買い手の力関係がどこで変わるか、結果として相場が動くかどうかを分析しているのであって、自分の都合で動く理由を探しても上手く行きません。

その代り、動くときにしっかり利益を取らなくてはなりません。

毎日のように利益を得る、というのは、タイムカードを押せば賃金を貰えるという発想です。

トレーダーは狩猟をしているので、何日も利益がない日があっても、どこかで大きくとればいい、という発想にならないと、相場から利益を得られるようにはならないので、このメンタルができるまでが苦悩の日々だと思います。

相場が動かない時に、「動かなければ、どこを越えたら動くのか」、という戦略を立てて準備することが大切になります。
動かないときこそ、いろいろ考えたり、その基盤となる知識を入れるようすると、良いのではないでしょうか。

もちろん、私の本を読むのもお勧めですが、本を読んだら儲かる、ということはありません
野球で、バットの振り方を習ったら、大谷翔平投手の球を打てるでしょうか?
そんなのは、無理です。

本を読み、実践して、失敗し、改めて勉強したり、自分で考え尽くす、こうしたことの繰り返ししか、相場で儲ける方法を身につけることはできません。

動かないときこそ、何をすべきかを考えるいい時間、と思ってみるといいのではないでしょうか。

ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ