FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXの授業料

5月18日(金)

ドルが買われて上昇しています。
先ほど書いたtwitterでは、ドル円の110.85は、昨年11/6高値(114.73)と、今年3/26安値(104.60)の61.8%なので、ここを終値で上抜けて行くようだと、ディナポリでは114円に向かう可能性が出てくる、というものです。

ドル円は、4月に107円に載せたところから上方向の可能性をずっとメルマガやtwitterで書いていますし、自分もそうしたポジションを持っていますが、ドル円をショートしたまま上昇してきて、含み損が膨らんでいる人もいるでしょう。

私もそうでしたが、含み損は大きくなればなるほど、怖くて損切りできなくなります。
しかし、これも考え方で大きく違ってきます
損切り、つまり損失は、FXの授業料だと思ってみてはどうでしょうか?

私はここでもよく書いているように、週の半分ぐらいはテニスしていますが、趣味にはそれなりに費用がかかります。

プレーをするにはコート代やクラブの会費などを払っていますし、ラケットやボール、ウェアなど道具にもお金を支払ます。
そして、上達するためにはコーチをつけて練習したりレッスンしてもらいますが、これもそれなりに費用がかかります。

つまり、私がテニスを上達したい、と思うと、場所や道具そしてレッスンに費用がかかっているわけです。

これはFXでも同じです。
FXが上達したいなら、トレードの場数を踏むために取引のたびに費用を払うことになります。
テニスで言えば、コート代ですね。
ただ、FXはラッキーにも儲かってお金が入ってくることも、ありますが、これが当たり前ではありません
練習中なのに、儲かったら、ラッキー以外の何物でもありません。
テニスで言えば、たまたま知人に招待されてコート代がかからなかった、というようなことです。

また、上達過程にある人は、テニスのように場数を踏むために費用を払うのが当たり前なので、これがFXでは損失ということになると思います。

さらに、もっと上達したい人は、私がコーチを雇うように、有料メルマガを契約したりするでしょう。
これも上達のための費用です。

どんなことでも、何かを目標に上達しようと思えば、当然、費用がかかります。
この当たり前のこともFXでは忘れる人が多いように思います。

損切りに迷うなら、これも授業料と思ってみてはどうでしょうか?

一般社会での授業料や当たり前のことが、考えられないということは、「欲ボケ」と言わざるをえません。
相場で欲に目がくらんでいるうちは、上達への冷静な道を描けません。

FXの授業料として自分は何を選択するか、何に支払うかを考えてみてはどうでしょうか?

ではまた

ドルスイスとチャートの読み取り

4月18日(水)

本日の西原メルマガにも寄稿していますが、スイスフランが売られています。
  西原宏一メルマガ シンプルFXトレード
  西原宏一メルマガ FXトレード戦略指令

私の最新書籍でご案内している、Dinapoli(ディナポリ)チャートと、ダウ理論は、毎日配信の上記メルマガで解説していますが、今回は、その一部、ドルスイスについて、こちらでも掲載してみます。

チャートはドルスイスの日足で、Dinapoliチャートです。
usdchf d
色の帯で示しているのが、それぞれのレンジで、青と赤の矢印はレンジブレイクです。
USDCHFは1月から2月を底に下落の動きが反転して上昇してきています。
そして上昇の動きも一気に上がるのではなく、日々形成されるレンジと、その上抜け(レンジブレイク)を積み重ねて、上昇トレンドになっていることがわかります。
・・・メルマガではこうしたチャート解説を毎日配信していますし、質問にもお答えしています。

こうした相場の値動きの基本がわかると、取引のタイミングとしてレンジブレイクで買っていくことはもちろん、レンジの下限に近付いたところで買いを入れれば、損切り幅を小さくできます。
またディナポリ日足と組み合わせることで、トレンドが2月ぐらいに下落から上昇に転換していることも、複数のテクニカルで確認することができ、相場の変化を早い段階で確率高く見つけることができます。

ただ、それには基本となる考え方を熟知して、何度も相場を見ることが必要です。
私はテニスをしていますが、錦織圭選手と同じラケットを使ったからと言って、同じようなプレーができるわけではありません。
もし、そう思う人がいるなら、現実を知らないか、夢想家でしょう。
・・・ちなみに私はロジャー・フェデラーのモデル(同じではない)を使っています

あちこちで書いたり発言しているように、「FX=技術」と考えているので、誰でも適切な方法を取ればある程度の利益を得ることはできると思っています。
しかしそれは、錦織圭のラケットを買って、日々練習をすれば、ある程度打てるようになる、試合ができるようになる、ということと同じで、買ったその日から急激に上手くなるわけではありません。・・・当然ですが

ですから、最初の書籍 臆病な人でも勝てるFX入門で書いたように、練習してデータを取ることが大切です。

そうしたデータを取る元となる知識として、拙著やメルマガを参考にして頂ければ幸いです。

また、前回のブログ エントリーで触れた、トレイダーズ証券さんで開催したセミナーの動画がYoutubeにあります。
こちらは、自身初のWEBセミナーで多少緊張しつつ、不慣れな解説と同時進行するチャット欄で混乱しつつだったので、あまりお勧めではありませんが、虹色チャートと、相場への考え方をお話ししているので、ご興味のある方は、温かい目ご覧ください

ではまた

損切り幅について

3月16日(金)

ドル円は、先週の安値105.34を下抜けず、このまま本日が終わると週足は先週の高値を今週上抜けていて、先週の安値を今週は下抜けできないことになり、レンジ内を上昇する可能性が高まります。

さて、本日は、2月14日のブログ「2冊目についてのご質問」のコメント欄にご質問を頂いたので、これに答えます。

コメント欄で公開で質問されているので、そのまま掲載させて頂きます。

<ご質問>
田向先生の本はすべて購入させていただいておりますが、今回購入いたしました「手堅く勝てる兼業FX」のP170中で、日足でレンジの時の損切りが高値安値にラインを引き高値のわずか上に買い注文をオーダーしこの買い注文の損切りは安値のわずか下にセットする」とありますが、日足であれば損切り幅PIPsが200~300近くなってしまいますが、私の高値安値設定が間違っているのでしょうか?
それとこの手法はレンジの時であってトレンドのあるときには成り行きで3本DNAを抜けたらエントリーでよろしいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

<お答え>
最新刊「兼業FX」のp.170の記述はその通りです。

たしかに、日足ですから、損切り幅は200pipsとか300pipsになります。
収益目標も数百pipsなので、損切幅もそれなりに大きくなります。

西原メルマガの会員の方は、すでに配信で何度か添付しているEURUSD日足でご説明します。
eurusd.jpg

このEURUSD日足は昨年12月からの動きですが、上昇の過程は、レンジと、レンジブレイクの繰り返しです。
この繰り返しが続く状態がトレンドになり、拙著でご案内のようにレンジを逆にブレイクすると、そこが転換点となり、トレンドが反転する可能性が出てきます。

チャートに書き込んだように、それぞれのレンジは古い順に、183pips、271pips、407pips、372pipsと続き、最後の349pipsは下にブレイクするので損切りとなります。
ただ、実際は、レンジの度にエントリーと決済をするのではなく、買いポジションを持てば損切りを引き上げながらずっとキープします。
トレンドが続く限り、ポジションは維持するわけです。

すると、最後の2/16に買いエントリーした場合だけは、損失となりますが、それ以外の時に持ったポジションでは利益が積みあがることになります。

また、損切り幅だけに注目すると大きいように思いますが、もう一つ重要なのは確率です。
2回に1回損切りになるようだと、広い損切りは困りますが、上手く行くことが多ければ、今回のように最後に持った時だけ損をするなら、トータルで損失はそんなに大きくなりません。

もし、損切りが広くて困るのなら、時間軸を下げる方法がありますが、その場合はその時間軸に合わせてチャートをチェックする必要があります。
つまり1時間足なら1時間に1回はチャートを確認すべきだということです。
そうすると、寝る時間や本業の時間はチャートを見れないので、専業でデイトレードの人でないと1時間足は向かないということです。

もし短時間だけ見るなら逆に1分足や5分足で、1時間とか2時間相場を見る方がいいかもしれません。
ただこれはスキャルピングで、損切りも狭くなりますが、利幅も狭くなります。(当然ですけどね

Dinapoliを使っている場合、トレンドが出ていれば、3*3DMAの上抜けで買っていくことができます。
ダウ理論に加えディナポリが上昇を示しているので、ダウ理論のレンジブレイクより手前で買うことができます。
すると、当然損切幅は狭くできます。

Dinapoliを理解していると、2/9の底から2/16に上昇する場面では、3*3DMAを上抜けた後に、7*5DMAを上抜けて、レンジの上限を上抜けます。
これは少しおかしいことで、順番からすれば、7*5DMAを先に上抜けて、最後に3*3DMAを上抜けるはずです。
チャートがそうなっていない、ということは上昇の勢いが弱まってきていることが推測でき、結局2/16のレンジの上抜けはダマシとなり、ここで買った場合は損切りさせられます。
こうした、チャートも加味して考えると、取引の精度があがることになります。

重要なのは、損切りを良い場所に置くことなので、エントリーではなく損切りを置く位置としてダウ理論を使うと効率がたかくなります。

但し、FXは確率の勝負なので、自分の取引でどれくらいの確率を得られるかが重要です。
最初は、レバレッジを下げ、小さなロットで取引して自分の取引データを収集していくことが、最も大事です。
確率が高く、自信が持てれば、損切幅が広くても、儲かることが分かっているので不安に思ったり躊躇することもありません。

本を読んだり、メルマガを読んで新しいことにチャレンジするのはとても大切ですが、チャレンジしたら少なくとも数か月は続けて自分のデータをとりましょう。
収益が伸びない人のほとんどは、こうした基本的なことをやっていません。
逆にFXで利益を得ている人はみんやっています。
この辺に、FXで成功するか否かの分岐点がありそうです・

なお、来週3月22日は20時から、トレイダーズ証券 みんなのFX でWEBセミナーを行います。
虹色FXやダウ理論のお話をする予定でいます。
お時間のある方は、是非ご参加頂けると、初めてのセミナーで緊張している私も心強いと思います。
宜しくお願い致します。


ではまた




初のセミナー開催

3月13日(火)

年末に新著を刊行したこともあり、著者としては、宣伝に努めなくてはなりません
そこで、今まではご遠慮させて頂いていたセミナーも、今回開催することになりました。

3月22日(木)
20時~21時の60分

トレイダーズ証券さんで、WEBセミナーを開催致します。

https://min-fx.jp/fxseminar/fxseminar/20180322/

当日先着200名で、どなたでもご参加頂けます。

なにしろ、自身初のセミナーなので、どんなになるのかもわかりませんが、私なりのゆったりしたトレードをご案内したいと思います。

またトレイダーズ証券さんのチャートは、移動平均線を7本表示することができます。
そう、虹色チャートが表示可能なのです。
MT4じゃないと、虹色チャートは出せないと思っている方も、是非ご参考にされてはいかがでしょうか。

まだ今週中はセミナー資料を作成しているので、
ご要望等があれば、コメント欄にお送り頂けると、参考にすることができて助かります。

事後のオンデマンド配信は今のところ予定していないので、お時間があれば是非

宜しくお願い致します。

2冊目についてのご質問

2月14日(水)

先日、私がお手伝いしている西原宏一さんのメルマガで、私の2冊目の著書(詳細はこちら)についてご質問がありましたので、このブログで詳述します。

質問は2つあります。
<1>本のカバーに、「リスクを抑え毎月5%のリターンを狙う実戦力」とあるが、これは誰でも実現可能か?
<2>「毎月5%のリターン」というのは、非常に高い目標と思われ、そのためには多数の通貨ペアを取引する必要があるように思うが、だいたい何通貨ペアという目安にしているか?
というものです。

まず最初のご質問についてお答えします。
本を作るには、出版社と編集者が関わりますが、出版社は当然本を売り対ので、売れそうなタイトル、見栄えのいいタイトルを希望してきます。
今回も、「億トレ」とか、「億を目指す」とか、そういうものを求められましたが、それは簡単ではありませんし、この書籍はFX歴2~3年ぐらいの人を前提に書いたので、お断りしました。
...そのためか、amazonで1位を取ることはなく、1ケタをウロウロしています。
   出版社さん、すみません

私は、きちんと本を読んで頂きたいし、ちゃんと役に立つ内容をお伝えしたいので、こうしたタイトルはご遠慮させて頂きましたが、「月に5%」ぐらいのリターンは十分に可能だと思っています。

著名トレーダーの方は、年間200%とか300%を目標にしている方も多くいます。
私は50%から100%ぐらい取れれば十分と考えていますが、そうした意味でも月5%は高過ぎるハードルではないと思っています。

例えばドル円の日足をご覧ください。
usdjpy_20180214202102ba0.jpg
ドル円日足は、12月に上は12/12の113.749、下は12/6の111.994でレンジになっていますが、1/10に下げて12/6安値を下抜けていきます。
本書でご案内の通り、ここで売り注文が約定するはずです。

その後は引き下げたストップがつくことなく本日は106円台まで下げており、5円以上動いています。
100万円の資金で1万通貨売るだけで、5万円以上の利益になっており、これだけで5%を達成します。

この12月のレンジや、その後1/10の下抜けなどはメルマガでも配信しており、1/11の配信で107円方向に向かう旨の分析もご案内していて、今回は順調に動いてきた、ということになります。
またこうしたトレード方法は、拙著でもご案内の通りです。
よって、月5%は過大な目標ではなく、1年ぐらいかけてキッチリ相場を学べば誰でも達成可能だと考えています。

このFXは誰でも正しく学べばできる、ということは台湾でも発売されている前著でもご紹介した小学生でも利益を出せる話でもご説明しています。
ちなみに、最近の彼は小学生から中学生になり、もうすぐ高校生です(うわ~、こりゃ、自分も歳とるわけです
部活が忙しいようですが、たまにチャートを見ては取引しているようで、何かひとつテクニカルを自分のものにすると、1つのお財布を持つことができるのかもしれません。


次に2番目の質問です。
こちらは1番目のお答えでも少し示していますが、そんなに頻繁に取引する必要はありませんし、多くの通貨ペアを取引する必要はないと考えています。

私は、文章を書くのが好きなので、書籍の他にも、メルマガやインヴァスト証券に為替予想を書かせて頂いているので、12か15通貨ペアを表示させていますが、これはトレードではなく、何が動いているかを知る為です。
mt4.jpg
ご覧いただくとわかりますが、縦横に同じ通貨がなるべく並ぶようにしています。
例えば最下段はスイスフランの行です。
左の1列目はドルですし、2列目はポンド、3列目はユーロと並んでいますし、中段は円ですね。
このようにして、例えばドル円が動いても、ドル売りなのか、円買いなのか、を見るようにしています。

少し話がそれました
しかし、実際に取引する通貨ペアは10種もありません。
テクニカルを使う以上、流動性が最も重要で、流動性の低い通貨ペアは取引しません。
よって、リラ、ランド、ペソ、人民元などのエマージング通貨は見たこともありません

そして、質問1に関連しますが、1つの通貨ペアでも利益を伸ばすことで十分に目標利益を得ることができます。

質問者の方は、おそらく利益が乗るとすぐに利確してしまうのでしょう。
しかしそれでは利益は伸びませんし、次に入るタイミングが難しくなります。
利益を伸ばすということは、拙著にも書いてあることですから、質問は少し的外れとも言えます。

こうした的外れな質問になることは、よくあり、それは1度しか読まないからです。

メルマガ配信でもそうですが、西原さんや竹内さん宛にも、ちゃんと読んでいない人からの質問が来ることもあります。
テレビで明光義塾のCMに体操の内村航平選手が出ていますが、「わかった・・・つもり」と、「理解」の間は相当開きがあります。

このため、現在試験的に、FXの個人指導をしています。
FXはおろか、PCすらあまり使ったことのない素人の人に、毎日課題をだし、それをチェックしながら教える、ということを数か月やっていますが、これはとても効果的で、目を見張るものがあります。
相場経験が全くないうえ、iPhoneしか持っていない人でも、続けると、普通のトレーダーと同じような相場判断ができるようになりますし、利益がついてきます。
これは以前、小学生に教えたことと同じで、誰でも適切な練習を重ねれば上達できる、ということを示しています。

拙著にも書いたと思いますが、テクニカルに関してはFX=技術と言えるのだと思っています。

FXで利益が上がらないという方がいれば、拙著をお読みいただき、併せて日々のテクニカルを解説している西原メルマガをご購読頂くと、技術習得が早くなるのではないでしょうか。

ではまた

レンジとトレンド

1月11日(木)

本年もよろしくお願い致します。
12/27に発売された拙著「1日2回のチャートチェックで手堅く勝てる兼業FX」ですが、おかげさまで 増刷 されることになりました。

その本の中でも書いたのが、レンジとトレントの話です。
私は、メルマガやツイッター(@maru3rd)でもレンジがどこか、ということをよく書きますが、それはレンジが次のトレンドにつながるからです。

つまり、レンジを見極めることは、次の大きなトレンドを取りに行くために重要ですし、逆にレンジを把握しないでいると、動き出したと思って飛び乗ったらレンジ内の一時的な動きで、すぐにひっくり返されるようなことが起こります。

直近では、ドル円が12月からずっとレンジ(黒線)でしたが、そのレンジ外にはさらに広いレンジ(橙色)があります。
このため、日銀オペの縮小とか、中国が米債を買わないなどのニュースで相場が動きますが、結局はレンジ内で大きくは動かない、ということになります。

チャートはドル円の日足です。
usdjpy daily
1/9の日銀オペ縮小では1円も動かず、1/10の米債を中国が買わないとの報道でレンジ(黒色)を下抜けますが、メルマガでも書いていたように、その外にあるレンジ(橙色)の範囲内で、大きくは動いていません。

もちろん、このレンジ(橙色)を下抜ければ、107円に向かって3円ほど動く可能性がありますが、サポートされてしまうと、結局はレンジに戻ることになると思います。

相場の先行きを私のような個人投資家が見通せるはずもなく、相場の値動きを決めるのは市場参加者の売りと買いの力関係だけだと思っています。
ですから、テクニカルでレンジやトレンドを見極め、それに合った戦略で取引する方が収益に繋がりやすいと考えています。

相場を予想しない、ファンダメンタルズで振り回されない、これが個人投資家には重要で、そのためには、今がレンジなのか、トレンドなのかを見極めることが重要だと思います。

テクニカルは、最初は大変かもしれませんが、一度身に付ければ、誰にも取られない自分だけの収益ツールになります。
長くFXを続けるつもりで、勉強してみてはいかがでしょうか。

もし、一発勝負狙い、努力は嫌いだという方は、仮想通貨で運試しする方がいいかもしれませんね

ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。