FC2ブログ

あちゃ~

11月4日(日)

11月2日に発売となった、「ずっと使えるFXチャート分析の基本」ですが、知人のトレーダーよりミスを指摘されてしまいました

私も確認しましたが、明らかに編集ミスで、校閲段階の修正ができていない個所がありました。
ショック

他にもあるかもしれないので、これから、細かく私自身も見直して、ここにアップしたいと思います。
毎度のことながら、本を1冊作るのって、大変です。

が、著者の私だけでなく、出版社の編集や営業の方、編集プロダクションの編集者、デザイナーさんなど大勢の人が関わりながら、私の考えを1冊にして頂ける機会は大変ありがたいものです。

大勢が何度も確認していますが、締め切りという時間もあり、このような事が起こってしまいます。
申し訳ございません。

読者の方にはご迷惑をおかけいたしますが、印刷配本されている現在となっては、前著と同様に、この場で対応できればと思っています。

ひとまず、ご連絡まで

コメントの投稿

非公開コメント

感謝!

こんにちは!

値動きについてのご著書、ありがとうございます。
FX歴はすでに数年以上ですが、
田向さんも書かれているとおり、
ただ経験が長いだけでトレードがうまくなるわけではなく、
利益を残している方と自分は何が違うのかなあと思い悩んでいました。
今回のご著書ほど、基本のところが丁寧に書かれていて、
相場の本質を理解できる本はないと思います。
これから自分自身で値動きを追いながら、
何度も読み返していこうと思います。

今後、ご著書を手にされる方のために、
間違いなく増刷もされると思いますので、
誤植かな? と思われるところを挙げておきます:

p.13、トレーティング → トレーディング
p.37、図5の高値・安値の○印、1か所抜けている
p.41、…4.1pips高いですが安値を切り上げています。 → 意味がとおりにくいです。4.1pips高く、安値を切り上げています。とか?
p.50、前日の高値も安値も上抜けていたり、 → 高値も安値も更新していたり
p.58、この12の本トレンド中の → この12本のトレンド中の?
p.77、見出し…多数派に刈られる→ 狩られる。本文では合っています。
p.86、高値を更新すれは → すれば (安値を更新すれは、のところと、2か所あります)
p.128、誰にもわかりません、→ 。
p.129、図4の、11/28の足として、違う足が示されています
p.131、図5、右端のレンジの範囲が違うようです。11/28の安値とレンジ下限の線がずれています。
p.149、押し目安値 → 押し安値 ※この表現の誤りは前著にもありました

最後に、
p.205、さらにEのポイントは転換した方向へポジションを取るには、Cの損切りを狭めることもできます。
のところですが、よく理解できませんでした。
こちらの理解力不足が大きいと思いますが、別の言い方にするとどうなりますか?

長くなってしまいましたが、
このご著書の価値は、
上記のようなミスで損なわれるようなものでは全くありません。
限られた紙数の中に、
田向さんの情熱がこれでもかと詰め込まれているように感じました。
本当にありがとうございます。
また、質問させてください。

Re: 感謝!

さんちゃんさん
コメント頂き、ありがとうございます。
また拙著をご購入頂き、こちらも感謝です。

そして何より、修正個所のご指摘、これがとても助かります。
ありがとうございます。

本書は大人の事情で(笑)、校閲と修正が十分ではなく、
お買い上げ頂いた方には、申し訳ないです。

意味が伝わらないようなヒドイものは、あまりないと思いますが、
誤字脱字、図表の間違いなど、校閲段階での修正指摘が
直っていないまま印刷されている個所もあり、
こちらの手落ちです。

読者の方が、キッチリ読んで、ご指摘頂けると
本の制作という点でも、本当に助かります。

前著でもそうですが、不明な点はご指摘頂ければ
随時こちらで、ご説明させて頂ければと思っています。

p.205の部分は、後ほど確認させて頂きますね。

まずは、御礼まで。

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ