FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPD Pocket

8月31日(金)

昨夜のアルゼンチン中央銀行の緊急利上げ(なんと15%利上げで、政策金利は年60% なんじゃそりゃ)で、ペソが暴落

トルコ・リラなど新興国通貨は軒並みさげて、リスクオフになりました。
メルマガや為替予想、twitterで書いたドル円は、110.90を割り込み、水曜からの上昇の動きはキャンセルされています。


そんな相場の動きで、アタフタしている人もいると思いますが、外出先でもちゃんとチャートを見たい人にお勧めなのが、このパソコン GPD Pcket
IMG_1937.jpg
いつもと同じ15通貨ペアが表示されるMT4環境をそのまま持ち歩けています。
詳しくは、【 GPD Pocket 】 で検索して頂くと、youtube動画をはじめ、いろいろ出てきますが、要するにWindows10を搭載した、キーボートとマウスポインタ付きのれっきとしたパソコンです。

今回はブログ用に写真を撮りましたが、トレーダーの私にとっては、カッコづけではなく、実用性の問題なのです。

今や普段の取引のほとんどiPhoneですが、やはりチャートは、フルのMT4を見たいんですよね。
取引業者がMT4でなくても、この高機能チャートはとても魅力で、もう10年ぐらい何より最も長く使っているチャートなので、ローソク足をベースに使うにしても、インジケーターを表示させるにしても、何にしても使いやすいMT4をwindowsで持ち歩けるのはとても安心感があります。
また、調べものもパソコンの方が遥かに使いやすいと感じでいます。

また、私はトレーディングのほかに、元シティバンクの西原宏一さんがエフピーネットダイヤモンド社から発行しているメルマガで補助としてテクニカル分析の寄稿をしたり、インヴァスト証券 INVAST NAVIに為替予想を執筆している関係で、Windowsマシンが必須なのです。

・・・そこでこちらのブログ記事にあるようにマシンも持っていましたが、さすがに非力でWindowsアップデートもできなくなり、セキュリティ的に使えなくなりました
IMG_4151.jpg


以前は、レッツノートを携帯していましたが、ひとまず携帯しよう、という使い方には重いです。
特に、テニスのように遊びに行くような場合には、使わないことが多いので、だんだん持ち歩かなくなってしまいます。

そこへいくと、480gは偉大です
この重さだと、持ち歩きを気にしませんし、いつでもどこでも持ち歩けます。
なにしろ、週の半分ぐらいはストレス解消と運動のためテニスクラブにいるので、テニスの合間にクラブハウスからチャートを見たり、取引したり、コメントを書いたりできちゃうわけです。

キーボード入力ができるwindowsがいつも携帯できているのは、私のような仕事と遊びの区別がつかないような人には最適で、キータッチがしっかりしている点も好みです。

使ってみると、1日2日ぐらいの出張やセミナーなら、これだけで行けますし、モニター出力も問題なく、どこでもWindowsが使えます。
iPhoneは常に持ち歩いているので、ネットに接続するときはテザリングできますし、セミナー会場などにはwifiもあります。
またバッテリーも十分に持つので、日常的な使用では、週に1度ぐらいの充電で足りています。
またバッテリーが不足でしてもUSB-Cで充電可能なので、iPhoneの予備バッテリーで兼用できる点で荷物が減ります。
マウスがいらない点も評価しています。

さすがにキーボードはかなり小さい上、英語キーボードなので、本格的に文章を書くとか、本を執筆するのには使いにくい部分もありますが、メルマガやレポート、twitterぐらいは書けますし、なによりMT4チャートが見れるのが便利です。

もともとは、新しいモノ好きの西原さんが昨年購入して、書籍で紹介していたものですが、私は約半年以上遅れて購入しました。

私は、とても慎重で臆病なタイプで、多くの人のレビューや記事を読み、生産が安定したであろう時期のロットを購入したため、ちょっと不安な中国製パソコンGPDpocketですが、何のトラブルもなく使えています。

・・・ちなみに信頼性という意味では、レッツノートRZが、今よりさらに軽く、かつ、USB-Cの充電に対応するのを待ってます

この辺は、トレード・スタイルと同じでその人の性格が反映されていて面白いところです。
目ざとく、金融市場の新しい動きに素早く乗る西原さんと、私のように慎重に諸々確かめてキッチリしてから入るタイプは、トレーディングでもこうしたガジェットの導入でも、同じものを選択してもタイミングが全く違います。

トレーディングには自身の性格が強く反映されます。
ルールや時間軸も自分の性格に合っていることが重要です。
性格と合わないことをしても上手く行きませんからね。

最後はトレーダーの性格の話になってしまいましたが、impulsiveな人と、私のようなmehtodicalな人とでは、同じことでもアプローチが違うので、トレードツールだけでなく、自分の性格も見直してみるといいかもしれませんね。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。