FC2ブログ

FXの授業料

5月18日(金)

ドルが買われて上昇しています。
先ほど書いたtwitterでは、ドル円の110.85は、昨年11/6高値(114.73)と、今年3/26安値(104.60)の61.8%なので、ここを終値で上抜けて行くようだと、ディナポリでは114円に向かう可能性が出てくる、というものです。

ドル円は、4月に107円に載せたところから上方向の可能性をずっとメルマガやtwitterで書いていますし、自分もそうしたポジションを持っていますが、ドル円をショートしたまま上昇してきて、含み損が膨らんでいる人もいるでしょう。

私もそうでしたが、含み損は大きくなればなるほど、怖くて損切りできなくなります。
しかし、これも考え方で大きく違ってきます
損切り、つまり損失は、FXの授業料だと思ってみてはどうでしょうか?

私はここでもよく書いているように、週の半分ぐらいはテニスしていますが、趣味にはそれなりに費用がかかります。

プレーをするにはコート代やクラブの会費などを払っていますし、ラケットやボール、ウェアなど道具にもお金を支払ます。
そして、上達するためにはコーチをつけて練習したりレッスンしてもらいますが、これもそれなりに費用がかかります。

つまり、私がテニスを上達したい、と思うと、場所や道具そしてレッスンに費用がかかっているわけです。

これはFXでも同じです。
FXが上達したいなら、トレードの場数を踏むために取引のたびに費用を払うことになります。
テニスで言えば、コート代ですね。
ただ、FXはラッキーにも儲かってお金が入ってくることも、ありますが、これが当たり前ではありません
練習中なのに、儲かったら、ラッキー以外の何物でもありません。
テニスで言えば、たまたま知人に招待されてコート代がかからなかった、というようなことです。

また、上達過程にある人は、テニスのように場数を踏むために費用を払うのが当たり前なので、これがFXでは損失ということになると思います。

さらに、もっと上達したい人は、私がコーチを雇うように、有料メルマガを契約したりするでしょう。
これも上達のための費用です。

どんなことでも、何かを目標に上達しようと思えば、当然、費用がかかります。
この当たり前のこともFXでは忘れる人が多いように思います。

損切りに迷うなら、これも授業料と思ってみてはどうでしょうか?

一般社会での授業料や当たり前のことが、考えられないということは、「欲ボケ」と言わざるをえません。
相場で欲に目がくらんでいるうちは、上達への冷静な道を描けません。

FXの授業料として自分は何を選択するか、何に支払うかを考えてみてはどうでしょうか?

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ