割り切るトレード

6月14日(水)

前回のエントリーは母の日でしたが、もう父の日が目前となってしまいました。
今夜はFOMCですが、見ていても何ができるわけではないので、このブログを書いたら寝ようと思っています。

近頃、FX入門者の方にアドバイスする機会があるのですが、情報の渦に巻き込まれているようです。
まだFXの用語も使えないうちに、情報ばかりを取ってしまうと、自分のレベルではないことを覚えようとしてしまいます。
たぶん、私も初心者の頃はそうだったでしょう。

でも、これは無駄です

FXをはじめ、勝負事はどこかで割り切りが必要だと思います。
全部を手に入れることはできません。

何かを選び、何かを潔く捨てるメンタル、胆力とでも言うような覚悟が必要なのだと思います。

これは全部の相場を取ることができない、ということだけでなく、あらゆるテクニカル手法を知る必要もないですし、金融業界のあらゆる情報を知ろうとすることも無駄骨だということですし、多くを網羅しようとすることで、何かを深く突き詰めて考えることを辞めているのかもしれません。

自分がFX市場の中のどこで取引するのか、どのような場面で勝負し、どのような場面は見送るのか、こうした割り切りが必要なのだと思います。

これを別の言い方をすると、自分の取引スタイル、ということなのだと思います。


私自身は、こうした視点から、私はトレンド相場でトレンドが出ていることを確かめてから少しだけその波に乗るようにしています。
全部を取ろうとは思っていませんし、到底できません

そんな私が使う取引ツールが主に移動平均線で、ディナポリや、このブログで紹介している虹色、そして拙著でご紹介の21SMAなどです。

その中でもディナポリを初心者が使うとどうなるか、という企画が雑誌YenSPA!でありました。
6月20日発売の2017年夏号で、その結果が見れますのでご興味のある方はいかがでしょうか。
4910234560774.jpg
ディナポリの他にもいろいろな取引手法や、FX関連情報も掲載されています。

今回はちょっと短めですね。
ではまた

==訂 正==
6月16日
YenSPA!夏号の発売日を間違えていましたので、訂正しました。
扶桑社のウェブサイトで確認したところ、6月20日発売のようです。
近くの書店やamazonで予約されてはいかがでしょうか
訂正に合わせて、誌面写真も掲載しました。
書店店頭で見つけてくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ