割り切るトレード

6月14日(水)

前回のエントリーは母の日でしたが、もう父の日が目前となってしまいました。
今夜はFOMCですが、見ていても何ができるわけではないので、このブログを書いたら寝ようと思っています。

近頃、FX入門者の方にアドバイスする機会があるのですが、情報の渦に巻き込まれているようです。
まだFXの用語も使えないうちに、情報ばかりを取ってしまうと、自分のレベルではないことを覚えようとしてしまいます。
たぶん、私も初心者の頃はそうだったでしょう。

でも、これは無駄です

FXをはじめ、勝負事はどこかで割り切りが必要だと思います。
全部を手に入れることはできません。

何かを選び、何かを潔く捨てるメンタル、胆力とでも言うような覚悟が必要なのだと思います。

これは全部の相場を取ることができない、ということだけでなく、あらゆるテクニカル手法を知る必要もないですし、金融業界のあらゆる情報を知ろうとすることも無駄骨だということですし、多くを網羅しようとすることで、何かを深く突き詰めて考えることを辞めているのかもしれません。

自分がFX市場の中のどこで取引するのか、どのような場面で勝負し、どのような場面は見送るのか、こうした割り切りが必要なのだと思います。

これを別の言い方をすると、自分の取引スタイル、ということなのだと思います。


私自身は、こうした視点から、私はトレンド相場でトレンドが出ていることを確かめてから少しだけその波に乗るようにしています。
全部を取ろうとは思っていませんし、到底できません

そんな私が使う取引ツールが主に移動平均線で、ディナポリや、このブログで紹介している虹色、そして拙著でご紹介の21SMAなどです。

その中でもディナポリを初心者が使うとどうなるか、という企画が雑誌YenSPA!でありました。
6月20日発売の2017年夏号で、その結果が見れますのでご興味のある方はいかがでしょうか。
4910234560774.jpg
ディナポリの他にもいろいろな取引手法や、FX関連情報も掲載されています。

今回はちょっと短めですね。
ではまた

==訂 正==
6月16日
YenSPA!夏号の発売日を間違えていましたので、訂正しました。
扶桑社のウェブサイトで確認したところ、6月20日発売のようです。
近くの書店やamazonで予約されてはいかがでしょうか
訂正に合わせて、誌面写真も掲載しました。
書店店頭で見つけてくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

見送るとき

田向様
ブログ更新楽しみにしております。
貴著「臆病な人でも勝てるFX」でご紹介いただいた投資方法について質問があります。

1時間足で、21, 84, 504 SMA を使った取引方法ですが、
プライスがこの三本の移動平均線の下になったら、売りの定義になるのですが、例えば、三本の並び順が、上から、84, 21, 504 SMA のようになったときに、504 SMA を下抜けた場合、「戻り売り」というよりは、「ブレイク」に近いニュアンスになるのですが、そういった場合でも、取引するのでしょうか?

7/12 16:00頃の GBP/USD など・・・



また、この取引方法で売買の定義通りでも、見送るケースがありましたら教えてください。

長々と書いてしまって申し訳ありません。
よろしくお願いします。

Re: 見送るとき

ブログ読者さん
コメントありがとうございます。

拙著でご紹介の方法は、単純に3本が上になったら買い、3本が下になったら売りですが、
その意味を考えてみましょう。

3本の上になるということは、日足21SMAの上、4時間足21SMAの上、1時間足21SMAの上になってる、ということです。
ここでは日足で方向感を判断し、より敏感に動く時間軸が先行した動きを示しています。

そして、1時間足と日足では時間の進み方が違います。
よって、単に1時間足で504SMAを上抜けた状態は、日足で見れば、ただの上ヒゲかもしれません。

これは事例として示された、本日のGBPUSDで見て頂くとわかりやすいと思います。

最も重要なのは日足の動きであり、大きな方向性です。
ということは、1時間足が3本の移動平均線の上か下にしばらく滞在しているか、
3本を越えて大きく動いて、こりゃ戻らないよね、というぐらいの動きになるまで
待つ方が日足の動きに沿っているということになります。
1時間足が504SMAを抜けて数時間その方向にあっても、
1日24時間のなかでは、ほんの一部の動きでしかないからです。

GBPUSDは504SMAを下抜けてきたので、昨日高値を上抜けなけれ下げる可能性がありますが、
6/5~6/8のように数日もみ合うこともよくあります。

こうしたもみ合いが終わって、上下のどちらかへ動き出してからエントリーしても
十分に間に合うので、慌てて相場に入らないようにした方がいいのではないでしょうか。

504SMAを跨いで方向が変わるということは、そこから大きく動く可能性があるのですから、
慌てて相場に入る必要はありませんし、そこで損をしては意味がありません。
日足の方向が変わった時はどれくらいの動きになるのかを知っていると、
焦る必要がなくなり、その意味では見送ってもいいわけです。


またテクニカル全般に言えますが、
何か一定の法則さえ覚えれば使いこなせる、ということはありません。
だからデータを取ることをお勧めしています。

自分が何度も使っているうちに、自分なりのコツをつかむことが大切ということです。


本日のブログで書いたように、為替市場がなくなることはあり得ません。
焦らずに、じっくりと確率の高い取引ができるように
時間をかけて修練するのがいいと思います。

頑張ってくださいね。


感謝

田向様
早速のご回答を頂き、誠にありがとうございます!
疑問が氷解しました。

どうも、売買シグナルは石部金吉のように厳密にしないとダメだと思い込んでいたようです(損切りなどのルールは厳守だと思いますが)
自分自身でデータを取るのが本当に大事だと解りました。
わかりやすい解説をありがとうございました。




Re: 感謝

ブログ読者さん


> どうも、売買シグナルは石部金吉のように厳密にしないとダメだと思い込んでいたようです(損切りなどのルールは厳守だと思いますが)

相場は状況によって違う表情をします。
そこを読み取れるようになるまで、練習やデータを取ることが大切ですね。
もし相場がいつも同じように、サイン通り、シグナル通りでOKなら、プログラムを組めば誰でも億万長者になれます。
しかし現実は、巨額のシステム開発資金を持つゴールドマンサックスやヘッジファンドなどもこうしたシステムを持っていません。
つまり、システム通りにするのは難しく、人間の裁量判断が必要だ、ということです。

FXを始めて、すぐには利益にならないかもしれません。
しかし、長く続けると自分のノウハウも蓄積しますし、コツもつかめてきます。
そうなれば、将来に長く続く収入の道を確保できるので、長い目で楽しみながら続けるのが一番だと思います。

また何かあれば、お気軽にコメントしてくださいね。

ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ