米国 大統領選挙

11月2日(水)

今夜はFOMCですが、マーケットはFOMCより来週(11/8)の米国大統領選挙に注目しているようです。
先週末までは、ほぼヒラリー・クリントン候補の当選が見込まれていましたが、ここにきて、FBIが再びメール問題の操作を開始し、これを受けた世論調査で、既に支持率の差が広がり勝負あった、と思われていたトランプがまさかの逆転!

これでマーケットは一気にリスクオフになってしまいました。

何しろ、ドナルド・トランプは自分に批判的な記者を名指しで罵倒したり、取材を拒否したり、さらには名誉棄損だから報道の自由を制限しよう、とか、クリントンを投獄する、とか、かなり独裁的な発言をしています。

経済活動は、自由主義であることが前提ですし、報道の自由や表現の自由はその根幹にあります。
...この辺、私一応法学部でしたし、弁護士を目指していたため徹底的に勉強しました(遥か過去ですけど

この辺から、マーケットはドナルド・トランプが、あの米国の大統領にでもなろうものなら、とんでもない事態になると考えているようです。
...まぁ、そうですよね

またこの大統領選挙は、6月の英国EU離脱の国民投票と重なって見えてきます。

あの時も、
「まぁ、さすがにBrexitはないよね」
・・・「まぁ、さすがにトランプはないよね」

「多少不満があっても、英国民もそこまでアホじゃないでしょw」
・・・「多少不満があっても、米国民もそこまでアホじゃないでしょw」

という感じでしたが、
イザ開票となったら、結果はEU離脱

、これって、大統領選挙も同じことが起こるカモ
というところを心配しているのではないでしょうか。

ただ、英国国民投票が単に投票での賛成反対で決まったのに対し、米国大統領選挙は、大統領を直接選ぶのではなく、各州の選挙人を選ぶ、というしくみであるため、こちらではまだクリントン優位です。

それでも、そこは選挙です。
どうなるかは、開票が終わらない限りわかりません。

となると、この選挙に合わせてトレードするということは、不確定な丁半に賭けることになりかねません。
そして、こうした取引を私はしたいとは思いません。

よって、事実上は、今週来週はお休みの週かな?と思っています。

ニュースではイベントとして盛り上がりますが、自分のお金を賭ける者としてはデータもなく、結果も予想しにくいものに賭けることはできません。

またBREXITで大きく損を受けた人もいますし、それは相場の急激な動きで流動性がなくなり、損切を含め、注文そのものが意味をなさなくなっていたことが背景にあります。つまり、流動性リスクですね。
こんなときに取引するのは、まさに神頼みなので、私はお勧めしません。

大統領選挙が終わって相場が落ち着き、チャートやこれまでのデータが役に立つ状態になったら、戻って来たいと思っています。

なお、それでも取引したいという方もいるので、メルマガやツイッターは書いていると思いますが、通常よりもリスクが高くなりやすいことは十分知っておいた方がいいと思います。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ