FXに興味を持った人に

10月30日(金)

今月前半はマーケットが動かず、方向感のない展開で、多くのトレーダーが苦労していました。
ドル円チャートは徐々に下向きとなりつつも、私が敬愛する、西原宏一さん、大倉たかしさんはずっと買い目線。

ご承知の方も多いと思いますが、このお二人は現役時代も現在もトレーダーとして、かなりの金額で取引されている第一線の方です。 ドル円が125円をつけた時には、ほぼ同時(正確には1日違い)でドル円ロング(買いポジション)を決済されたので、このお二人の情報を読んポジションを手じまった方も多かったようです。

私は、チャートが揃って誰もが乗っている相場に乗ることをヨシとしており、西原さんや大倉さんのように、強い信念の相場観でトレードできたりはしません 
30年以上相場にいるベテランと、アマチュアの私が同じようなことができるとは思っていないので、自分の資金をより安全に、より確実に増やすためにはどうするか、を常に考えています。
そうすると、大きな波に乗るのがいいというのが現在の結論で、虹色チャートも、ディナポリもそうした考え方です。
でも、チャートでは判断できない相場、ということが必ず起こるので、そうした時に指針を示してくれるのがこのお二人です。
そして、たいていの場合、チャートよりお二人の相場観が合っています

さて、タイトルから離れてしまいましたが、近頃はFXに興味を持つ方も増えているようで、トレード以外のお仕事である書籍の企画やセミナーの企画なども多く頂いています。

そんななかで、初心者や、ちょこっとFXに興味を持ちそうな方をターゲットとしたムック本が出版されました。
私は何度かお仕事している編集者の方を今回もお手伝いすることになり、締め切りの関係で手が足りなとのことで文章も少しお手伝いしています。

厳密にキッチリと読むと突っ込みどころもありそうですが、初心者の方向けに短期間でグラフィカルにできた本としては、なかなかだと思っています。
それが、こちら
muku.jpg
為替51の法則
というもので、全国書店およびアマゾンで販売されています。
こちらは株やその他の解説書的なムック本で、A4サイズなので、雑誌感覚で気軽にお読み頂ければと思います。

また、いつも通り、月刊 FX攻略.comでも、コラムを連載させて頂いているので、こちらもご興味があれば、お読み頂ければと思います。

FXは楽しみながら3年ぐらい続けられれば、生活の一部として収益がついてくる確率が高くなると思います。
この3年と言う時間は、1万時間の法則とも合ってきます。

始めてすぐに儲かってウハウハ、ということは”運”以外のなにものでもないので、運ではなく、”稼ぐ技術”を身につけるための努力を楽しんで頂ければと思います。
それだけ、FXは面白い世界です

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ