スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

baby steps

12月3日(水)

最近わたしがお気に入りのマンガが勝木光さんのベイビーステップ(Baby Steps)
現在単行本が33巻まで刊行されているテニスまんがです。
babysteps.png

    NHKの年末年始スペシャルで
    12/31 10:30~13:30 (1話~7話 一挙放送)
    1/1 10:30~13:00 (8話~13話 一挙放送)
    目標設定や、結果だけでなく、過程を重要視する姿勢など、
    スポーツで目標に向けて努力するアプローチは、FXでも応用できます


50代のオッサンがマンガを読むのはかなり久しぶりなのですが、テニスクラブの20代の若者が貸してくれて、火がつきました。
...我が家の書架に借りた単行本を並べて置いていたところ、
   家内も読み始め、テニス再開しようかなぁ...などと言い出すほど、
   とてもいい内容だと思いいます

ストーリーはテニス未経験者の高校1年生の優等生が、運動不足解消にテニスを始めて、そこからプロを目指していくお話なのですが、読んでいるとFXと共通する部分もいっぱい感じられます。

もっとも重要なのは、自分が好きになったもの(この場合はテニスだけど)のことをいっぱい考え、試行錯誤し、目標に向かっていく過程だと思います。

これはFXでも全く同じで、基本を知り、自分のカラダが反応できるようになったうえで、さらに他人(私たちならマーケット)で勝てるようにどうするかを考え抜く姿勢にとても共感します。

テニスで物理法則を無視した魔球は打てるはずもなく、現実世界でもこのマンガのように努力を重ねることしか強くなる方法はありません。
...私も週末はテニスしているので、この点はよくわかります。

これはFXでも同じことで、魔法のテクニカルは存在せず、誰かと同じことをやれば儲かるわけでもなく、自分が興味を持っていつもマーケットのことを考えるように、どっぷりFX漬けになって試行錯誤して自分のスタイルを作り上げるしかありません。

またテニスで全部のポイントを取る完全試合が不可能なように、トレードでも全勝を目指すのは無意味です。
テニスが小さなポイントの積み重ねでゲームを取り、ゲームの積み重ねでセットを取るように、FXでも1回1回のトレードでは勝ったり負けたりしながら、できるだけ負けを小さくしてトータルで利益を残すのが重要です。

テニスコートを外から見ていて、テニスなんか簡単だよと思うのと実際に試合するのが大違いなように、何かの片手間で簡単に儲かる方法はないかな? と思っているなら、FXはお勧めしません。
FXは元本を失うリスクがあり、1回1回のトレードが正に勝負ともいえるものです。
...簡単にお金が欲しいなら、空き時間にアルバイトする方が現実的です

このマンガに書かれている、Baby steps to Giant strides という言葉は、FXでもまったく同じで、少しずつ理解を深め、経験とともに取引ロットを増やし、投資元本を増やしていくのがFXでも王道なのではないでしょうか。

FXの合間に、こうした勝負についてのマンガを読んでみるのもいいかもしれませんね。
個人的にはとてもハマっているので、お勧めです。

ではまた

12月29日 追記
年末の再放送予定を追加しました。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。