スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州の金融政策

2月5日(火)


今週は7日(木)にBOEとECBが金融政策を発表します。
主要国の中央銀行の動きはマーケットに大きく影響するため、マーケット参加者はこれを無視できません。
据え置きや変更なしがコンセンサスだったとしても、”何か”をやる可能性がある場であり、それによってはマーケットの動きが変わる影響力があるわけですから、無視するのは難しいと思います。

そう考えると、今週は英国ポンドと欧州のユーロに影響が出る可能性が考えられ、先週までのユーロ買い、ポンド売りの動きが少し巻き戻されています。
特にユーロはLTROの早期返済というポジティブなニュースで買われていましたが、今週はECB理事会があるため積極的には買いにくく、できれば利確したいところ。
ここへスペインのラホイ首相への辞任要求が出ているとなると、格好の売り材料になります。

おそらく先週までのタイミングで同じニュースが出てもユーロは下げにくかったかもしれません。

ただ、これは一時的で、今後もユーロは買われる動きにあると思っています。

ユーロは2009年のギリシャからはじまり大きく売られ続けてきているので、この巻き返しが入るだけで大きくマーケットは動きます。
特にこの数年ユーロが売られるのに対して、買われてきた、円、ドル、豪ドル、ポンドが今度は売られやすくなるのではないでしょうか。

ユーロ圏で再び危機的な状況になってこない限り(たぶんこれは再び起こるでしょうけど)当面は巻き戻しの動きになるのではないかと思っています。

チャートはユーロドルの週足です。
20130205eurusd1w.gif
2011年の高値からもう少しで61.8%戻しとなります。

こちらはユーロ豪ドルの週足。
20130205euraud1w.gif
こちらも戻して上昇していますが、上のユーロドルと比べて下げる動きの虹のラインの間隔が大きく、下落が大きいことがわかります。
週足をご覧いただければわかりますが、EURAUDはずっと下げていて、豪ドル買いがかなり強く続いていたことがわかります。

もうひとつ、おまけにユーロポンドの週足。
20130205eurgbp1w.gif
こちらはユーロドルとほぼ同じようなチャート。
直近の足は上がり過ぎていて、少し調整があっても不思議ではありません。

この3つのペアを比べてもユーロ売りの巻き戻しが起こっているのがよくわかりますし、今年のテーマの1つがこのユーロの動きだと思っています。

ユーロの上昇=ユーロ買いと、円の巻き戻し=円売り、が重なれば、ユーロ円の上昇が一番期待されそうですし、値動きも振れ幅も大きくなっています。

ユーロ円とともに注目はEURAUD!
こちらは世紀の取引を言われるくらい大きな動きが期待されていて、EURAUDの上昇で、豪ドルは売られやすいのですが、円も売られるので、豪ドル円は動きがわかりにくいかもしれません。

いずれにせよ、こうした大きな流れに大きく影響するのが中央銀行の動きなので、今週はこのBOEとECBに向けて方向感のない展開となりそうです。


わかりにくいところでは休んで、無理せず、資金を減らさないようにしたいと思います。


余談ですが、実は、西原宏一さんのメルマガにも、このブログの読者の方がおられ、もう少しブログ更新をしてねとメルマガ読者の掲示板にも書かれていたので、少し反省して、週に1回か2回ぐらいは書くようにしようかなぁ、と思っています。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

新通貨ペアにチャレンジ

EURAUDペアは今まで考えたこともありませんでしたが、クロス円だけでなく、各国通貨の情勢を踏まえると、こんな新しい通貨ペアがあるのですね。余剰資金で、少額だけで試し買いしてみます。

管理人さんのわかりやすいお話で、年末あたりから、すこしFXがわかり始めた気がします。これからも記事を楽しみにしています。

Re: 新通貨ペアにチャレンジ

richmondさん、こんにちは

EURAUDは昨年から注目されてきたペアで、よく動きますし、ここからも大きく上昇の可能性があります。
日本では西原さんが有料メルマガ会員向けにEURAUDの取引を多く書いていた時期があり、動く=儲かる、ということで多くの方もEURAUDをやるようになったのかもしれません。

ま、私も、最初はEURAUD?ハッ?って感じでしたが、EURCHFが動かなくなっていたのでポートフォリオを入れ替えました。

ただ直近は少し下げる可能性があるので、21時台にtwitterでユーロクロスのロングは注意したほうがいい旨の配信をしていますので、上手く利確されていればと思っています。


FXはとても面白い投資ですし、世界中で24時間取引できるので、日本にいなくても取引できるのがいいですね。
また株の仕手のように誰かに踊らされることもなく、公平なマーケットだと思っています。

海外で生活していても円が強い時は円の口座で取引して円建てで利益を得て、海外で使えばいいですし、他の通貨が強い時に海外にいればその国で口座を開いて取引する、という手もあります。
まさにグローバルですよね。

まずはFXを楽しむのが大事ですので、楽しみつつ、少しずつ儲けつつ、相場を知っていくのがいいと思います。


ではまたi-88

EURAUDのれず

田向さん

アドバイスありがとうございます。FXはホント、グルーバルですね。海外生活経験者ですので、感覚的にもあいます。

昨夜20時ごろ、教えていただいた新通貨ペアEURAUDを早速試そうとしたのですが、FX会社2社とも取り扱いなく、試せませんでした。勝利のご報告をしたかったのですが。

ユーロクロス3ペア(ドル、円、ポンド)の巻きもどし中とのことでしたので、見たところもっともユーロドルが伸び幅がありそうでしたので、下げ止まった(ように初心者には見えた)ので、23時ごろエントリーしたら、今朝、少し利が乗っていました。61.8%戻し(なぜこんな中途半端な数字が大切なのかわかりませんが)の1.388まで戻す想定プランに乗っかっているつもりです。

セミナー開催情報あれば教えて下さい。虹色の使い方を実際に見たいです。

Re: EURAUDのれず

richmondさん


日本で生活していると、身近な「円」に注目してしまい、現在のように円売り相場はいいのですが、円高相場や円が注目されていない相場では損をしやすい傾向がありそうです。
海外生活を体験されている方であれば、日本に偏らずに通貨を見ることができるのでFXには向いているのかもしれませんね。

通貨ペアはFX会社によって取扱いペア数が違うので、
この辺もFX会社選択の条件になってきますね。

最初はドルストレートや、クロス円など流動性があって、ある程度安定している通貨ペアの方がいいと思います。
EURAUDとかは、かなりマニアックですi-235

近頃注目されているペアが人民元/円ですね。
ただ中国元(人民元)は、中国本土で取引されるCNYと、香港で非居住者向けのCNHがあります。
この辺の詳しい話は、本日16時からのラジオ日経「夕焼けマーケッツ」で西原さんが解説されるはずです。
U-Streamはないので、radikoなどを利用してネットやスマホで聴くのがいいと思います。
放送時間も20分ぐらいなので、ちょこっと聞いておくとお得というところでしょうか。


他の方のコメントにも返信しましたが、当面、e-491虹色FXのセミナー予定はありません。
雑誌(FX攻略)やムック本(マネ~るだけのFX)、Zai(2012年9月号)などに記事があるので、参考にして頂ければと思います。

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。