ドル円の動き

12月10日(月)

安倍トレードとも言わた円安の動きが膠着しているのは83円のバリアが強力で上抜けできないことも大きな要因になっているようです。

83円が上抜けないので、ドル円は下方向の可能性も言われ始めていますが、私はまだ上目線です。
みんながドル円強気だった状況から、すこし弱気が出てくると、再び上がる可能性が出てくるのではないかと思っています。

ただこうした思惑だけで考えているわけではなく、やはりチャートが判断の基準になっています。

チャートは虹のチャートのドル円週足です。
20121210usdjpy1w.gif
週足なので縦破線は年区切り線で、過去2年ちょっとの動きが表示されています。

2011年まで下向きの虹だったチャートは2012年になって乱れてきてます。
特に2月から3月の白川総裁のバレンタインプレゼントともいわれる上昇の動きでが、ドル円の下げ止まりに効いているようです。
注目は、一番上にあるパープル色の100EMA
前回の2月の動きでは100EMAに抑えられましたが、今回はもっとも短期の5EMAが100EMAを上抜けています。
ドル円は上昇相場に大きく転換する可能性が強くなっています。

また直近の動きでも重要なのはこの5EMAの動き。
同じ週足を拡大したものがこちら
20121210usdjpy1w zoom
11月14日の安倍総裁発言や解散発言でドル円は急騰
週足は赤い5EMAのラインから外れていました。
基本的に相場は5EMAに沿って動くと考えているので、行き過ぎて外れれば戻ってきます。
そう考えると、先週や先々週の動きも、安値を付けた動きは5EMAを付けに行く動きで、当然とも言えます。

では現在はどうかと言うと、それでもまだ5EMAから外れていて、今週は5EMAのある82円か82円割れ程度の下落はありうることになります。
しかし、それでも5EMAを割り込んで下げて行かないので、上昇スタンス継続でいます。

ドル円は上昇スタンス継続と考えているので、下げたら買うスタンスですが、西原さんの有料メルマガでは、83円のオプションバリアなどのマーケットの情報が提供されているので、金曜日のような82円80台で上げ止まる動きだと、安心して売ることができます。


チャートで買いスタンスを持ちつつも、オプションなどの情報で時には逆方向の取引もしますが、これは言わば例外で、どこでも売っていいというわけではありません。

ドル円は弱気が出てきそうなタイミングだからこそ、チャートをよく見ながら、戦略を立てるのが良さそうです。

ちなみに、いつもマーケットの情報などを提供(有料ですが)してくれる西原さんの無料セミナーが今週と来週に続きます。

明日 20時~21時30分 セントラル短資FX
12/19 19時30分~21時 サイバーエージェントFX

お時間のある方は参考にされてはいかがでしょうか。

クリスマス相場になってきているので、エントリーのタイミングが重要になっています。
タイミングが合わないと、利が伸びず、損を出しやすいので、タイミングをつかむのが不得意の方は様子見して、勉強時間にあてるのもいいと思います。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ