円安は本格化するか?

12月3日(月)

ほとんど週1回の更新ペースになってます
ディーラーズ・バトルや、twitterは書いていますので、そちらもご覧くださいね。

さて、安倍晋三自民党総裁の過激な金融政策論で円売りが続いていますが、案外自民党政権になっても、劇的な金融緩和はないかもしれません。

野党(現在の自民党)は目立つために、実現性がなくても、大風呂敷でも、過激なことを言ってマスコミに取り上げてもらうのが大事
こうしたことを民主党が政権を取った後に自民党サイドが言っていたようで、今回や野党として前回の民主党同様にセンセーショナルなものをブチ上げた1つかもしれません。
...そうした提案に騙される衆愚も問題ですけどね

マーケットのスケジュールで考えると、12月16日(日)の総選挙と、その後の20日(木)の日銀の金融政策決定会合が注目されていて、選挙で自民党政権になると、20日の決定会合で日銀が大規模な金融緩和をやるかもしれない、というのが現在の円売りのベースにあると思います。

しかし、総選挙前の12月12日の深夜にはFOMCがあり、ここで米国が緩和策を提示すると、ドル売りが強くなって、円売りの勢いは弱まってしまう可能性があります。

チャートはドル円の日足です。
20121203usdjpy1day.jpg
ドル円は83円が重く、11月22日の82円832付近で上値を抑えられています。
もし下げて11月28日の81円685を下抜ける動きになると、上昇の流れは一旦止められて、少し大きく調整するかもしれません。

私が購読しているメルマガで紹介される情報では、ファンド勢は円売りに本気のようで、83円やもっと上のオプションも買っているようです。
つまり、ファンド勢は長期的に円売りスタンスということで、安倍発言ではなく、日本の経常収支の赤字や、輸出企業の不振による円買い需要の縮小などを材料に、今後円安になる可能性を考えているようです。

ただ、ファンドがオプションを買うということは、長期的に円売りを見ているわけで、一方的に円売りが進むと考えているわけではないと思います。
もし一方的にドル円・クロス円が上昇すると考えるなら、私たちと同じようにドル円を買えばいいわけで、上下しながらも上に行くと考えるからオプションを買っていると思われます。

そうであれば、上がり過ぎたら調整されるの相場の常なので、年末に向けて円買いになる可能性も考慮しておいた方がいいかもしれません。

IMMなどでも円売りポジションが増えているようなので、高値圏でのドル円・クロス円の買いは要注意だと思っています。

まずは12月12日のFOMC、そして16日の選挙、20日の日銀・決定会合あたりの動きに注目したいと思います。



ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ