円の動き

11月19日(月)

先週は野田総理の解散予告や、自民党・安倍総裁の緩和発言でドル円・クロス円が急騰。
確かに衆議院は解散され、12月に総選挙が実施されますが、注目は次期首相の可能性が一番高い自民党安倍晋三総裁の発言

安倍総裁の発言は、日銀法を改正しても量的緩和をさせるとか、マイナス金利にするとか、かなりセンセーショナルで、政治がリーダーシップを取ってデフレ脱却に向けて動くように見えますが、実際はあまりに経済を知らない発言(無知と書かれているものもありますね)として、あちこちで経済学者や、金融関係者から、指摘がされています。
...インフレターゲットや金融の機能など、読むと勉強になります。
   安倍さん向けに、経済を知らない人にわかりやすく書かれています

総選挙は来月ですし、まず円の動きで注目されるのは、今日~明日で開催されている日銀の金融政策決定会合。
ここで安倍総裁の主張したような大規模な緩和策に期待があるのかもしれませんが、現実問題として日銀が無制限の国債購入などを行うわけがなく、何もアクションがなければ、今回の円安の動きは一旦終了するかもしれません。

チャートはドル円の日足です。
20121119usdjpy1day.gif
日足の5EMAから離れていて、買われ過ぎています。
通常は、この5EMAに戻ってくるか、さらに大きく上昇してEMAの方がついていくかですが、ここからさらに大きく上昇するのは考えにくく、やはり下げる可能性を考慮した方が良さそうです。

こうしたチャートの状況はほかのクロス円でも同様で、このブログを書く前にtwitter(@maru3rd)では、クロス円の動きを書いています。

チャートはユーロ円の日足。
20121119eurjpy1day.gif
こちらも上がり過ぎていますし、102円ミドルぐらいの下落がありそうです。

ついでにポンド円も
20121119gbpjpy1day.gif
こちらもほぼ同じチャートになっています。

またこれらクロス円の日足は虹が上向きで、大きくは円売りの動きですが、直近は買われ過ぎていて調整が入りやすいと考えられます。
クロス円は買いスタンスですが、何も高値で買う必要はないので、下げたところで買って利幅を増やす方が効率的なトレーディングだと思います。

また木曜の安倍発言による急騰は、当然ですが円が売られた動きで、ドルやユーロ、ポンドが買われたわけではありません。
チャートを比較すると、何が動かしているのかがわかって、面白いです。

今週は明日日銀の金融政策決定会合がありますので、ここで何らかの追加緩和策が出れば円売りが続き、なければ一旦は調整で戻される可能性が高いと思っています。

その上、木曜日は米国が感謝祭で休日、金曜日は日本が祝日と、マーケットが休みになる日が多く、ポジションを取りにくいので注意したいと思っています。

大きな方向感が出にくいので、デイトレで着実に利確した方が良さそうです。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ