メンタルとは...

10月15日(月)

週末はテニスをして過ごしましたが、東京は日曜の途中から雨になってしまい、今日はあまりつかれていません
テニス後にお会いした個人投資家の方から、メンタルについて相談されました。

ただメンタルの問題と思うことの多くは、エントリー・タイミングが悪いために起こっていることも多く、自分に都合の悪い状況=メンタルに厳しい状況を招く、ポジショニングに問題がないかを見直すのも大事だと思います。

そういう私も、メンタルに悩んで本を読んだりしたこともあります。
相場のメンタル本としては、この辺が有名で
zo-n.jpgkiritu.jpg
私は右側の「規律とトレーダー」を読みましたが、今思うと、それほど参考にはならず、まぁ、そうだなぁという感じです。

メンタル強化という意味では、週末にプレーしているテニスもメンタルが重要で、妻には、テニスも相場修行の一環ということで、投資家の仕事の一部としてテニスもしています 
...もちろん、遊ぶ口実ですが、事実でもあります。
つまり、スポーツでも相場でも、仕事でも、メンタルは同じことで、特に相場本で読まなくても、例えば三国志や歴史物の本なども参考になるのではないかと思います。
元ディーラーの方にお会いすると、みなさんとても多くの本を読んでいて「教養がゆたか」という印象を受けます。おそらくその背景には相場という不確実な世界にずっと身を置いているので、歴史に学ぶとか、他の分野から何かを学ぶ姿勢があるのではないかな、と思っています。

近頃読んだ本でメンタルの参考になるのは、日本初のプロゲーマー梅原大吾の本で、「勝ち続ける意思力」です。
umehara_20121015094220.jpg
マーケットで収益を得て生活するということは、マーケットで勝ち続けることが必要になります。
私が、損失回避を重視するのも同じことで、相場では大きく負けることを避け、勝ったり負けたりしつつもトータルでは勝っていないと収益になりません。
...そのためには資金管理が大事になりますが、これはまた別の機会に

この梅原大吾については葉那子ちゃんZAiFXで本人にインタビューしており、私も見ましたがとても参考になります。
...あ~、ゲームも相場も同じなんだなぁ、いいこと言うなぁ、と思いました。

プロゲーマーという職業ができる前からゲームだけを続け、周囲からは少し色眼鏡で見られつつも、自分の意思を通して結果を出すというのは、周囲からいろいろ言われながらもFXを続け、結果を出そうとするのと同じように思えました。
...ちなみに今夜の21時からのZAiFX TVも面白そうです。


うわ、出かける時間だ!
ちょっと出て、また書きます。
ではまた




え~、戻ってきたので続きです
こうしたメンタルが重要なのは、特にエントリーの時で、条件の揃うまで待てない人が多いようです。

チャートはAUDUSDの4時間です。
20121015 audusd4H
ブルーの部分を取りたいので虹が揃うとか、トレンドが出ているときにトレードして、ピンクのように乱れている部分は手を出さずにガマンする方が結果として利益が残ります。

この部分は別のインジケータでも売る部分になり、トレンドフォローのテクニカルではあまり違いはありません。
チャートは上と同じチャートにボリンジャーバンドを加えたものです。
20121015 audusd4HBB
ボリンジャーバンドの2σにそってバンドウォークしていることがわかります。
4時間でこれですから、1時間や15分で戻ったところが売り場になります。

こうしたトレードする場面と手を出さない場面の区別はメンタルの問題ではなく、テクニカルの知識の問題です。
またそれを知っていても手を出して損をしてしまうのは、一番は経験不足、そして収益を得たいという欲望と、トレードしたいという欲望のせめぎあいで、収益よりトレードを取っていることに他なりません。
自分が何のためにトレードしているのか、という目的意識が大事になるのだと思います。

特に周囲の個人投資家で儲けている人は、トレードの収益に敏感で、いかに儲けるか!に全精力をさいています。
片手間で損してもいいから趣味としてトレードするのか、あくまで収益にこだわってトレードするのか、この目的意識が大事になりそうで、この辺は今夜のZAi TVを参考にしたいと思います。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ