ESM発足

10月9日(火)

日本・米国が休日の昨日、欧州ではESM(European Stability Mechanism :欧州安定メカニズム)が発足しました。

ドイツでは憲法裁判所の判断が必要だったり、相変わらず一枚岩ですぐに決断行動できない欧州ですが、ESMが発足したことで、今後はこのESMが欧州諸国のソブリン・リスクに対応します。

欧州版IMFとも言われ、最大5000億ユーロ(約50兆円)規模で融資して欧州の金融問題をサポートします。


こうなるとユーロは買い戻される可能性が高く、ユーロドルをはじめユーロクロスが上昇するのではないかと思っています。

チャートはユーロドルとユーロクロスの日足です。
20121009 eur4pair1day
虹色チャートとディナポリの3×3DMAが表示されています。

日足なので大きな動きですが、左の方は下向きの虹であったものが、少しずつねじれて反転してきているのがわかります。

まだ日足の虹が上向きに出ているわけではありませんが、これまでずっとユーロが売られてきたことを考えると、これが巻き戻されれば大きな動きに名あり、大きくユーロが買い戻されるのではないかと考えます。

ただ、スペインの支援要請がまだだとか、ESMに資金があつまるのかとか、ユーロにネガディブなニュースやヘッドラインも出て、一時的に下げる場面もあると思いますが、逆にそこは押し目買いの場面かもしれません。

基本的にはユーロが買い戻されるシナリオを維持しつつ、直近のチャートをみてタイミングを図ってエントリーするのがいいと思っています。

ちなみに現在は少し下げていますが、ユーロオージーは大きく戻ると考えており、豪ドルはショートスタンス。
ディーラーズ・バトルtwitterでも書きましたが、EURAUDは2008年の2.11から今年の1.16まで一方的に下げたので、38.2%戻しても1.5となりまだまだ上がありそうで注目しています。

さぁ、どうなりますか

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ