スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑散

8月9日(木)

今週になって夏休みなのか、マーケットは閑散
欧州周辺の悪ガキ達(スペイン・ギリシャなど)が大人しくしていて、欧州ののお目付けオバサン(メルケル)も夏休み。
周りで囃し立てる連中(ファンドなど)も少し飽きて、海遊びでもしているようです

そんな閑散として、ある程度落ち着いているマーケットの状況はVIX指数にも表れています。
20120809vix1day.jpg
チャートは恐怖指数ともいわれるVIX指数の日足。
昨日は15とかなり低く、マーケットが落ち着いていることを示しています。

しかし、落ち着いたマーケットは動きにくいマーケットでもあり、トレーダーにとってはやりにくい状態。
今週はお休みにしても良かったかもしれません

そんな中、本日はオーストラリアの失業率と、日銀の金融政策決定会合と、中国の7月の経済指標の発表があります。

まずは豪州の失業率ですが、5.2%と前月と同じながら、新規雇用者数が1.4万人と予想の1万人より強い上、中国の消費者物価指数は1.8%増で、予想の1.7%増より強く、これらは豪ドル買い要素。

マーケットは全般にドル売り・円売り(ついでに株価も上昇)となっていますが、私は積極的なリスクオンとは思っていません。
あくまで、欧州が静かなので、リスクオフにはならないから、まぁ買い戻しておくかなぁ...という程度。

欧州の問題は何も解決していませんし、欧州の政治家たちがバケーションから帰ってくれば、再び現実を見てネガティブ・ニュースが出てくるでしょう。
そうした意味では、楽観的になればなるほど、次のネガティブなニュースのインパクトが大きくなり、急落しやすくなると思います。

マーケットは閑散として方向感が出にくいので、20pips~50pipsぐらいの動きをコツコツ取るトレードになりそうですし、こうした小さな動きを取るには相場に入るタイミングが重要になります。

買ったら高値で売ったら底値だった、というような、自分はタイミングが遅れがちと思う人は休んだ方がいいかもしれませんね
少なくとも今は、高値や安値をブレークして大きく伸びたりする相場ではなさそうです。

チャートは、ドル・円・ユーロ・ポンドの組み合わせ6ペアの4時間です。
20120809 6pair4h
虹のトレーディングは、「誰もが売るなら自分も売り」「誰もが買うなら自分も買う」というスタンスで、その誰もが売っている、買っている状況を虹の移動平均で見ています。
7本のラインが混線して方向感が続かない状況では、無理をしない方が安全だと思います。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。