ポンドの次は?

8月2日(木)

昨日はポンドが下落。
ロンドンFXさんのブログにもあるように、今夜のECBのアクションに注目が集まっていますが、英国も状況はよろしくなく、昨日はポンドが下落。

FOMCでドル買いという流れもあってドル円が下げないので、ポンド円の下落は小さいですが、ポンドドルは大きく下げました。
チャートはポンド円(上)とポンドドル(下)のそれぞれ1時間で、縦破線は日付区切り線です。
20120802gbpjpy1h.gif
20120802gbpusd1h.gif
私は、昨日書いたように、一昨日から1.5680台で売っていたので、上手くはまりました。

このポンドの動きは、昨夜19時台にディーラーズ・バトルtwitterにも書いたので、どなたかのお役に立っていれば何よりです。

ただ、ポンドの動きが本日がメインで、20時に発表されるMPC(英国中銀金融政策理事会)の結果次第ではさらに下げる可能性もあると考えています。

またチャートは出しませんが、ディナポリ・チャートでは下げる可能性が示唆されていて、これは某有料メルマガの会員向け掲示板にも書いています。

ユーロは先週からあれだけ大風呂敷を広げているので、場合によっては市場の大きな失望になるかもしれません。
ECBのアクションが市場の予想に沿うものならユーロは買い戻されそうですが、そうでなく、失望させる結果の場合、期待の反動で大きく売られる可能性もあり注意したいところです。

虹色のルールでは、重要指標発表時はトレードしないことになっており、その前につくったポジションで利益が出ている状況のまま、損の出ないストップを置いて指標を迎えるのがいいと思っています。
本日のBOEとECBのアクションに注目したいと思います。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ