スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VIXが正しい

7月27日(金)

ECBドラギ総裁の発言で、マーケットの景色は一変
リスク回避のドル買い・円買いが一気に巻き戻されました。

本日の米国GDP、そして来週のECB理事会に向けてひとまず傾いたポジションは調整され、今後の動きを見守るという状況でしょうか。

さて、昨日のブログでは今回のリスク回避の動きとVIX指数の動きが一致していない旨を書きましたが、どうやらVIXの方が正しかったようです。
マーケットが本当に危機的であれば、たとえECB総裁が発言してもマーケットの流れは変わらないと思いますし、実際リーマンショックの時は誰が何を言ってもマーケットは聞く耳を持たず、ひたすら悲観的にリスク回避に動いていましたし、VIXも上昇を続けていました。

それに比べると、先週金曜からの動きでもVIXは20ぐらいで通常レベルですし、昨夜は17まで下げています。

チャートは昨日に続き、VIX指数の日足です。
20120727 vix
急騰の動きもありますが、5月末の方がよっぽど高いことがわかります。

ただ、だからといってリスクオンで上昇が続くかというとそれも少し疑問。
チャートはユーロドルの4時間です。
20120727 eurusd4h
昨日のドラギ発言での上昇は急激で、このまま上に続くのか、時間調整の後に再び下げてしまうのか、注目されます。
4時間のMACDを見ると、まだ上昇余地がありますが、時間と共にシグナルがMACDに接近してくると、先行きはわかりにくくなりますし、現状から上値が伸びないとさらにその可能性が高くなりそうです。

マーケットはまず今夜の米国GDPに注目しているでしょうし、欧州からの要人発言も注意したいところです。

私は4時間の虹が大きく乱れて方向感がなくなっているので、無理せず様子見して、今読んでいる梅原大吾の本を読みたいと思っています。
umehara.jpg
この「勝ち続ける意思力」は西原宏一さんのお勧めで読んでいますが、とても参考になります。
梅原大吾はゲーマーですが、西原さんの言うとおり共感する部分がとても多く、FXで勝ちたい人、トレーダーになりたい人は必読だと思います


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。