欧州再燃?

7月23日(月)

先週の金曜日はスペイン10年債が7%台から下がらず、またECBはギリシャ債を担保として認めないなど、欧州が再び荒れています。
金曜の日中まであまり動かず、このまま週末入りかと思われましたが、twitterで書いたように欧州時間から動きだし、ユーロが売られ、ドルと円が買われる展開となりました。
...ちなみに私はEURJPYを96.45、CHFJPYを80.30でショート、深夜3時ごろに買い戻しました。

こうした欧州の状況は、金曜日にも書きましたがロンドン在住の元ディーラ-、ロンドンFXさんがとても参考になります。

その欧州ですが、今朝iPhoneでBloombergの債券マーケットを見ると、スペイン10年債は7.18%のままで、7%台を割らずに週末に突入したことがわかります。
また米国2年債は0.20%で円高がかなり進行していることもわかります。
...ドル円は米2年債と相関があり、0.20%に近いと円高、0.30%に近いと円安になります。


さて、これからのマーケットですが、引き続きユーロ売り、スイス売り、ドル買い、円買いが続くのか、少し巻き戻されるのかですが、今朝の月曜オープンは金曜の流れを引き継いでギャップダウンしているものもあり窓が空いています。

チャートはいつものドル・円・ユーロ・ポンドの4時間で、縦破線が週区切り線なので先週の動きを見てみます。
20120723 6pair4h
EURUSD、GBPUSD、EURGBP
USDJPY、GBPJPY、EURJPYという配置。
右側のEURGBPとEURJPYの下落が目立ちずっと虹が続いています。
このため左上のEURUSDは下げ渋っていましたが、耐え切れず金曜に急落しました。

私はユーロが弱いのと同じくらいドルも弱いと思っていて、ユーロドルやポンドドルは取引しませんでした。
ユーロが弱ければ、ユーロドルではドルが買われるのが普通ですが、3匹目のドジョウを狙う人がマーケットには多いようで、QE1、QE2と実施されてきた米国の量的緩和に期待する人が多くいるようで、QE3期待からドル売りになりやすいのが近頃のマーケットです。

このため、金曜日にも書いたようでドルストレートは取引しずらく、ユーロ売りスタンスではユーロドルよりユーロクロスである、ユーロ円、ユーロオージーなどがトレードしやすくなっています。


マーケットがどう動くかわかりにくいとき、私が参考にするのが西原宏一さんの有料メルマガです。
現役の銀行マンやマスコミ関係者、元金融機関のトレーダーも読んでいると言われており、西原さんの相場観を参考にしている人は、私だけでなく多いようです。
...ただ内容は専門用語で難しいかもしれませんが、相場で儲けるとはそういうことです。
   どんな業種でも専門用語がわからない人が成功するはずもなく
   少し難しい場面で勉強することも大事かもしれません。

このあと本日の欧州市場でどのような動きになるかが注目で、少なくとも金曜の夜に大きく動いてしまったので月曜の東京時間は様子見しようと思っています。

このあとの状況はtwitterをご覧下さい。


最後にチョコット宣伝です

21日発売の月刊 ZAiの9月号で取材を受けたので掲載されています。
MT4特集のページで虹や、最新のアレンジなどがご紹介されています。
zai.jpg
また21日は連載コラムを書かせて頂いている月刊 FX攻略.comも発売されているので、こちらもよろしくお願い致します。
kouryaku.jpg

これを書いているうちに配信されて来た西原メルマガをチョコット紹介するとユーロスイスで介入しているSNBがユーロ市場で動いているようです。
...これ以上は具体的内容なので書けませんが、このメルマガはとても参考になります。
   こうしたタイムリーな情報が1日に多いと15本ぐらい配信され、¥4200はお得だと思います

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ