スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円の動き

7月12日(木)

本日は日銀が金融政策を発表します。
特に何もないだろう...というのが市場のコンセンサスで、マーケットには大きく影響しないのではないかと思っていますが、何が起こるかわからないのがマーケットなので慎重に対応したいと思っています。

その円ですが、そもそもマーケットの主役ではないようです

チャートはドル円とクロス円の日足です。
20120712 Yencross6pair1day
USDJPY、GBPJPY、CHFJPY
EURJPY、AUDJPY、CADJPYという配置ですが、あまりハッキリした方向感がありません。

まず左上のドル円は方向感なく小さなレンジ。
上段中と右のポンド円、スイス円と下段左のユーロ円は下向きで、欧州通貨が売られていることがわかります。
そして下段中と右の豪ドル円、カナダ円は資源国で買われぎみ。

それぞれが描く虹の7本線が違うことがわかります。
これらのどれもがほぼ同じ方向を示していれば、円が主導で動いている、ということになりますが、日足チャートではそうなっていません。
つまり6月1日の安値までは円買いの動きでしたが、そのあとは方向感なく円はマーケットを動かす主役ではなく、欧州通貨や資源国通貨に付随して動く脇役通貨になっているいるようです。

ということは、よほどインパクトのある発表がないと、本日の金融政策決定会合も影響しないと思われ、円よりドルや他の通貨の動きをよく見た方が良さそうです。

ちなみに、何か日銀がアクションを起こす場合、発表が12時45分を過ぎるのが平均的なので、それより早けれそれだけで、何もない!ということが推測されます。

まずは本日昼の決定会合の結果を確かめてから本日の動きを考えたいと思います。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

ダイバーについて

田向さん、いつもブログの更新をありがとうございます。
毎日拝見しております。

突然の質問で恐縮なのですが、私の今の不安定な判断についてご意見伺いたく。

ユーロ円が下落していますが、日足のmacdでは明らかにペアを示しているのですが、4時間足のmacdは0ポイントよりも下にあっても、ダイバーを描いているように感じられ、ユーロ円の売りになかなか肝を据えられません。

私が感じている4時間足のダイバーは見方として間違っているのでしょうか。

ちなみに、macdはディナポリの設定値と同じにしてあります。

田向さんのご意見を伺えたら幸甚です。

でも、お忙しいようでしたら、スルーされてもかまいませんし、このコメントをアップしなくてもかまいませんのでm(__)m

Re: ダイバーについて

マカさん、こんにちは

ご相談頂いたユーロ円ですが、すでに97円のバリアを下抜けていますね。
...バリアについては西原さんのメルマガの情報です。

今日はユーロ円はバリアがあるのが気になったので、
ポンド円を123円台で売って、すでにfavorなので、お気楽にしています
エントリーのタイミングだけは精査しますが、後は案外時間があるので、
ご質問等はお気軽にコメントしてくださいね。

さて、MACDのダイバージェンスですが、これは通常の設定で使います。
通常の設定とは12,26,9ということで、これより早めているdinapoliでは
頻繁にダイバージェンスしてしまいますし、そもそもディナポリ本人が
MACDではダイバージェンスを使わないと言っています。

そんなわけで、私もダイバージェンスを見るときは通常のもののときだけです。
その通常のMACD設定でも4時間はダイバージェンスしています。
このためユーロ円は現在の下落が続かない場合は、
戻される可能性も考慮する必要がありそうです。

私は、このように考えています。
参考になりましたでしょうか?

ではまたi-88

ダイバーの回答

とても参考になりました。
私はディナポリの本を読んでも肝心なところをインプットしていなかったようです。彼はmacdではダイバーを不使用ということ。

あの高価な本の効果を出せない自分が歯がゆい。そして、読みづらいのが切ないです。

ほとんど愚問である私の質問に迅速にお答えいただき感謝しております。
さらに、通常macd設定で見たダイバーに関するコメントも参考になりました。

気軽にコメントをと、優しいお気遣いもありがとうございました。

また、宜しくお願いします。

湿った風の強い今日、頭の中までにもカビが生えぬよう脳内除湿を心がけねば。  むむむ

Re: ダイバーの回答

マカさん

参考になって良かったですi-179

ディナポリの本もお持ちなのですね。
あの本は、なかなか難解で、私も何度も読み返しています。

相場は経験も大事なので、続けるうちにいろいろなことが見えてくると思います。
私も5年目ですが、新卒5年目なんて普通の会社ではまだペーペーですよねi-229
世界中のプロが競い合うマーケットで利益を得るには、十分な時間と経験が必要なのだと思っています。

それでも続けていれば、いろんなことが繋がって見えて来たりするので、焦らずにゆっくりと続けることが大事だと思います。
少しずつ続けて、自信を持ってきたら大きくトレードすればいいわけですから。

まずは楽しみながらFXを続けてくださいi-185


ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。