EU首脳会議

6月27日(木)

今夜は何と言ってもEU首脳会議に注目です。
一部にはECBの利下げに期待する部分もあるようで、明日何が出るかによっては悲観から楽観に移ってリスクオン、またはこれまでのリスクオフの巻き戻しになる可能性があると思っています。

チャートはユーロドルの1時間足です。
20120628 eurusd hourly
昨日のブログに書いたように、火曜日から1.2470付近でEURUSDを売ってましたが、ストップにはかからないものの、昨夜の下落が一昨日の安値(赤罫線)を下抜けできずに戻ってきた(黄色部分)ので、建値付近で決済し薄利です。

昨日書いた61.8%は重要ラインで、昨日の終値もこれより上で終わっていたので、先ほどtwitterを書く直前に1.2475付近で買いました。
...下向きの虹は既に乱れて、売りはできません。
   だからって、虹のルールでは買えるわけでもないのですが

ただユーロは売られる流れなので、ここでのユーロ買いは超短期で、目標も30pipsぐらい。
これは虹ではなく、フィボナッチで考えています。

さて、そのユーロですが、今日・明日のEU首脳会議が注目されていて、ここでマーケットが少し安心するような対応対策が出てくると、少し戻る可能性がありそうです。

チャートはユーロドルの日足です。
20120628 eurusd daily
6月1日の底から、18日の高値でフィボナッチ・リトレースメントしていますが、注目は昨日同様に61.8%のライン。
ここを終値で下抜けずにサポートされていると、来週初めには3*3DMA(黒いライン)に接近し、もしかすると上抜けて行くかもしれません。
こうなると、ユーロショートはひとまずお休みになりそう。



ただこうした戦略には、これまでご紹介してきた虹以外のものも判断に多く使われているので、もしまだ利益が出ていない方が読まれていた場合は、あまりいろいろ加えず、まずは虹のチャートを見た方がいいと思います。
...詳しくは、\enSPA! 夏号の記事をご覧ください


私はこの本にあるように、元シティバンク・チーフディーラーの西原宏一さんのお手伝いもしていて、同じチャートも使っていますが...西原さんと同じことはできません

プロゴルファー石川遼と同じ道具を使い、同じ打ち方をしたからと言って、同じスコアが出せるわけではありませんよね
マーケットも同じだと思っています。

そうした意味では、まずはマーケットの動きをよく知るために虹のチャートをよく見て、自分なりに研究することが大事だと思います。(すみません、チト偉そうですね


FXを始めた頃、YEN蔵さんに言われた「マーケットは努力を裏切らない」という言葉は、まさにその通りだと思います。
相場を楽しみつつ、努力を続けていると、どこかで何かがつながるときや、ハッと気づくときがあり、そうした時にトレーディングが上手くなるのだと思います。
...私も進化を続けたいと思っています。

まずはマーケットを楽しみましょう

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ