欧州の動き

6月25日(月)

先週は欧州がマーケットの話題でしたが、これはまだまだ続きそうです。
ドイツ・フランス・イタリア・スペインという欧州の4強が首脳会議を開きましたが、この4強のうち2カ国の金融が危なくなっていて、今朝の段階でもイタリア10年債5.77%、スペイン10年債6.25%と高く、欧州の問題は簡単に解決しそうにありません。

今週は木曜からEU首脳会議があり、ここでは欧州の銀行を一括して管理するEU銀行同盟などが提案されそうですが、すでに提案前からユーロに加入していない英国やスウェーデンは反対を表明していて、欧州がまとまれない姿を表しています。


以前もこのブログで書きましたが、ユーロの問題が収まる唯一法方法は、欧州の政治統合で、EU27カ国が1つの国になって、同一通貨、同一の金融政策、同一の財政になるしかないと思っています。

が、これはかなり難しいので、やはりユーロは上手く行かないのではないでしょうか。


さてマーケットですが、欧州問題が少し落ち着いて、ドル売り・円売りに動いています。
チャートは、ドル・円・ユーロ・ポンドの組み合わせ6ペアの1時間です。
20120625 6pair1h
EURUSD、GBPUSD、EURGBP
USDJPY、GBPJPY、EURJYという配置です。
上段のEURUSD、GBPUSDは虹は下向きで、ドル買い。
下段のUSDJPYは虹が上向きで、ドル買い円売り。
GBPJPY、EURJPYのクロス円は、ドルストレートでのポンドやユーロの下落と、円クロスの上昇で方向感が弱くなっています。

まだ月曜のアジア時間なので、マーケットはあまり動いていませんが、このあとの欧州時間でどう動き出すかに注目しています。
近頃のマーケットは日替わりで動くので、慎重に動きを見極めたいと思います。
直近のマーケットの動きはtwitterなどで書いています



ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ