スペイン格下げ

6月14日(木)

今朝、ムーディーズがスペイン国債をA3から段階格下げし、投機的の一歩手前Baa3としました。
さらに今後3か月以内に引き下げの可能性も示唆しており、ギリシャから始まったユーロ危機は、スペインに波及してきました。

スペインは欧州の大国なので、ここがコケると大変なことになりそうです。

しかしマーケットは不思議なもので、昨夜はユーロドルが急騰。
もちろん格下げ前の話ですが、中東系が買っていたとの噂が出ています。
...まぁ、マーケットの流れが急転することは考えにくいので、
   こうした大口が買ってきたなら、この動きもわかる気がします。

西原さんのメルマガ掲示板にも書いていますが、それでもユーロドルは5月の高値から6月の安値の38.2%戻し6月11日に付けた後、伸び悩んでいて、昨日も急騰しましたが、この戻り高値を越えてはいません。

チャートはユーロドルの日足にフィボナッチを引いたものです。
20120614eurusd1day.gif
上昇するには、まずこの38.2%付近にある6月11日の戻り高値を越える必要があります。
逆に1.2530~10付近を下抜けると、再び下方向の可能性が高まると思っています。

ムーディーズによるスペインの格下げは3段階という大幅なものにもかかわらず、マーケットはあまり反応していません。
これは発表が今朝だったこともあり、欧州は終わっていましたし、米国市場も終わった時間だったからかもしれません。

というわけで、本日も欧州時間にどう動き出すかが重要そうで、まずは欧州の動きを見極めた方が良さそうです。

5月は一方的に下げるマーケットで私もほかの方も上手く行ったと思っていますが、さすがにしばらくはレンジになるか、方向感がなくなりそうに思います。
ただ、再び下げれば目標は1.18台で下値はまだまだありそうです。

虹のチャートは方向感を知るためのものなので、方向が定まらない時は手を出さす、ハッキリしているときだけ取引して、リスク少なくするのが虹色流です。

動きが読めない時は、チャートを見直したり、相場の勉強をしたりするのがいいかもしれません。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ