欧州の話題

6月13日(水)

今週末のギリシャ再選挙までは、欧州の話題で振り回されそうです。
昨日はIMFの円安容認発言で円安に動いたかと思うと、夜にはスペイン10年債が7%に接近したり、フィッチがスペインの銀行を格下げしたりで、リスク回避へ動いたり、その後は米シカゴ連銀総裁の発言で戻したり...

もうわけのわからないマーケットです。
ディーラーズ・バトルtwitterでは超短期のつもりで書いていますが、なかなか動きが続きません。

その方向感のなさは、虹のチャートにも出ています。
まずはユーロドルの4時間。
20120613eurusd4h.gif
先々週まできれいに下向きだった虹は、先週の月曜から乱れていて、方向感がなくなってきています。
直近は短期線が重なり合って方向感がないことがわかりますが、もっとも長期の100EMAが上にあり、大きな流れはまだ下向きで、ユーロドルは下げる可能性が高いことが示唆されます。

ではもっと直近の動きを1時間チャートで見てみると...
20120613eurusd1h.gif
こちらは先週半ばから少し上向きだった動きが月曜のギャップアップで終了し、その後は下向きに修正されてきています。
直近は4時間チャートよりさらにラインが重なり合って、方向感のないことがわかりますが、徐々に100EMAが一番上にきていて、少しずつですが、下方向に向かっていることがわかります。

ただ、おそらく、ギリシャの選挙結果が出るまではこのような状況が続いて方向感がなく、欧州からみのニュースで上下に動くものと思っています。
週末が近づき、ギリシャの再選挙が近づくにつれて方向感がなく、流動性も低下する中で、ニュースのヘッドラインで振り回される動きが強くなりそうです。
ちょっと手を出しにくいマーケットですね

...欧州からのニュースは、ロンドン在住のロンドンFXさんが情報を書いてくれていますが、
   この方は元ディーラーで、しかも金融の本場ロンドンでディーラーをされていた方なので、
   情報の分析も確かだと思います。


さて、虹色FXに戻ると
まずは1時間に美しい虹が現われ、方向感が出てきてからポジションを取る方が安全性が高そうです。

私のような個人投資家は、マーケットの大きな流れに逆らったらアッと言う間に資金を失います。
そのマーケットの動きを誰もがテクニカルで探るのですが、タイミングが早ければ多く儲けられる可能性があるとともに騙されやすく損をする確率も高くなると思います。
私は慎重派なので、虹がサインを出して、みんなが動き出していることを確かめてから、その流れに乗るようにしています。
現在のように流れが見えない時は様子見した方が大事な資金を減らさなくて済みます。

まずは大きな流れを確かめ、次にタイミングを計ってトレードするスタイルなので、大きな流れが不明確なら手を出しません。

まずは焦らずにじっくり待ちたいと思っています。

ではまた



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ