注目のECB理事会

6月6日(水)

本日は、金星が太陽面を通過するという珍しい天文現象が起こる日であり、世間的にはAKB総選挙で盛り上がりそうですが、金融市場ではECB理事会が注目されています。

ポジションを持ったままAKB総選挙のテレビ放送などを見てたりすると金融の神様からお叱りがあるかもしれませんね

さて、そのECB理事会ですが、ギリシャに加え、スペインの金融機関も危うくなってきていることから、何かアクションを起こすのではないか、という期待もあるように思います。

そう思う理由の一つは、これまで売られていたユーロが下げ渋っていて、逆に直近は上昇してきていることです。
...ちなみに豪ドルの上昇もこうした背景かもしれません。

チャートはユーロドルの1時間足です。
いつもの虹に加えMACDも出しています。
20120606 eurusd1h
昨日のスペイン予算相の発言で思いのほか急落したのですが、前日安値を下抜けることなく下げ止まっています。
6月1日の安値から昨日の急落の安値でトレンドラインを引くと、このラインに沿って動いていることがわかります。
まずは直近の高値(ピンク罫線)の上抜けと、その次は昨日高値(グリーン罫線)の上抜けができるかに注目しています。

まだ1時間のMACDはマイナス側にあり、これがプラス側に出てこないと、上昇は難しいと思いますが、ECB理事会への期待と、ユーロ不安で綱引きされているようです。

今夜のECBで利下げやLTRO、または資金供給など、支援の体制が表明されればユーロ売りは一服して戻していきそうですが、逆に何もないと、失望売りになりかねず、急落には気を付けたいところです。

まずは今夜はAKBよりECBに注目で、総選挙を見てると相場から離れていますし、テレビ中継が一番盛り上がるあたりでECBの金融政策発表があるので、気がついたら動いていた、ということにもなりかねません
20時以降はチャートをみているとか、セミナーを見ている方がいいかもしれませんね


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ