ギリシャ!

5月23日(水)

昨日は格付け会社フィッチが日本国債を1段階格下げしA-としたことで、思ったより早く流れが変わってしまい、ドル売りは続きませんでした。

twitterで書いたように、AUDUSDやEURUSDが上がると思ってましたが、AUDUSDは建値で撤退、EURUSDは狭いながらもストップを取られました。

またギリシャのパパデモス元首相が「ギリシャはユーロ離脱の準備を検討している」というような発言したことで、ギリシャのユーロ離脱論が再浮上して、マーケットはリスク回避の動きになっています。
今夜はEUの非公式首脳会議があり、ユーロに注目せざるを得ないようです。

チャートはユーロドルの1時間です。
20120523eurusd1h.gif
緑の罫線を引いたストップ位置を下抜けてから、一気に下げています。

私はEURUSDは1.2880~1.2900に戻ると思っていたのですが、日本の格下げとギリシャ不安で一気に100ポイント以上下げています。
...売ればよかったのですが、ストップを置いて外出してしまったので、手が出せませんでした

ただこれはやはりリスク回避の動きのようで、豪ドルも急落しています。
チャートはAUDUSDの1時間です。
20120523audusd1h.gif
こちらも急落

やはり4時間や日足の流れが強いので、これに従った方が間違いないですね
近頃調子がいいので、調子に乗ってしまったかもしれません...反省。

リスク回避の動きで今朝も東京時間から下げているので、豪ドルやユーロの売りがいいかもしれません。
ただ、アジア時間で下げが大きな時に売り急ぐと、その後反転して踏まれてしまうことも多いので、やはりエントリータイミングを精査する必要があると思っています。

マーケットがハッキリしない状況でもあるので、攻めより守りのトレードの方が良さそうです。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

コメントありがとうございました。

>全く違う理由のものが同じような結果を示せば、その可能性は高いのではないか、と考えているわけです。

のところ、ノートしました。ありがとうございます。

このところ豪ドル円をロングで持ちながら、ショートするタイミングを見ていたのですが、自分で引いたFibをみながら23.6%のところで跳ね返って、ロングをクローズできたところまでは良かったのですが(@78.85)、79.5近辺またはそれ以上からのショートのイメージだったので、クローズした後、ショートにするタイミングを逸していました...。で、23.6%がまた自分で引いていたトレンドラインとぶつかって下ったところだったのに、ただただ下がっていくのを今朝も見ていたんですね。そして、@79.0付近で私が見ていたもう一つの本命ラインを下に割り込んだのですが、その時はドル円がまだ@79.9付近だったので、ショートを見送りました。このような判断って田向さんの言う「守りのトレード」に合致していますでしょうか?

また、田向さんの先日のチャートのFib には23.6%が載っていないですよね。何か理由はあるのですか?私の使い方が悪いのでしょうか...。

いろいろ聞いてすみません。

まだ虹色についてはお尋ねしたいことや感想があるのですが(昨夜から田向さんのブログを初めから読んでいて、まだ2009年9月半ばを超えたところ)、すいませんと言いつつ、質問する気です。お時間のある時でまったく構いませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

Re: こんばんは。

Hanaさん、こんにちは

豪ドル円をロングとショートの両方で儲けようと考えていらっしゃりましたね。

わたしもたまに打診でする場合はありますが、基本的にやりません。
豪ドル円は、西原さんがセミナーでお話の通り、3月以降、日足がダブルレポして下落方向です。
当面、上がる気配はないので、ずっと売り目線。
つまり、上がる場面は手を出さず、この戻りの終了から売る、というスタンスです。

チャートを見ると、売りも買いもできそうに思いますが、そんな上手くは行きませんi-229

特に私はアマチュアなので、そんな器用なことはできませんので、大きな流れが売りなら、基本は売りだけです。

常に、e-491虹で大きなトレンドを見て、それに逆らわなければ、大きな損はしません。
ただ、エントリーのタイミングが悪いと、大きな流れはあっていても、アゲインストになってしまうので、タイミングが重視されます。
...この辺は昔のブログには書いて無くて、この1年ぐらい、西原さんのメルマガなどを読みつつ
   タイミング重視に変えてきています。

ただ、Hanaさんの守りのトレードは良いと思います。
マーケットでポジションを持つとき、私たちは利益を得る目的でポジションを持ちます。
これは「欲」です。

でも、マーケットは私たちを損させることもあるわけです。

自分に都合の良いシナリオだけでなく、不都合な要素も考えることは大事で、それでも行けそう、だいたい8割以上の確率で勝てそうでないとポジションは持てません。

おそらく、Hanaさんは自分のスタイルが確立しておらず、判断基準がまだ不明確なのだと思います。
自分のスタイルが確立していない状況では、迷いも多くなり、慎重派はなかなかポジションを持てませんし、積極派はポジポジ病になります。

ただ、ポジポジする場合は損もしますが、踏み込めない場合は損はしません(利益もありませんがi-229
そういう意味では「守り」なので良いと思います。

まずは、デモ、か1000通貨ぐらいで、自分のスタイルを確立するのが大事だと思います。
それにはデータを取ることが重要で、トレード・ログを付けつつ、7割か8割以上の確率で勝てるデータを取ることが大事です。

こうしたデータや計算をしないで、感覚でトレードしても続けていれば上達しますが、結果的に遠回りで資金を多く失いますし、スタイル確立までの時間も長くかかります。

地道なデータや検証といった作業を毎日続ける方が、いいのではないかと思っています。

なにかご質問があれば、またお気軽にどうぞ!
また6月のFX友の会東京にも参加しますので、もし参加されるなら、お気軽に声をかけてくださいね。

ではまたi-88


ありがとうございます。

そうですね。
消極派なので、ご指摘の通り少額トレードです。

損切りは1回のトレードで資金の1%以内でみていて、実際に見ているラインを超えたところか、15分か5分ののmacdで判断してしまいますので、リスクは冒していないつもりです。(リアルでやっていることがリスクかもしれませんね..。)
ですが、エントリーと、特に利食いについてはいろいろ揺れていますので、勝率6割ほどでとりあえず勝っている、くらいです。

8割とれるところで入る判断というのは、私には確かにかなり遠いですね。

先日からこちらのブログを読み返していて、大きな流れの方向のみ、またいくつかの通貨で円安の方向など(チャートが6-8つ並んでいるのはとても分かり安かったです)、わかりやすいときのみに限定していこうと思いました。なんどもブログで「アマチュアなんだから」と書かれていて、叱られている気分になりました(笑...良い意味です。もちろん。怒られることももうないので感謝しています)。

いろいろ取り入れるとまた迷うので、しばらくはこちらの虹色とMACD、RCIでデータをとってみます。ブログも3年分読み返すので無駄なエントリーもなくなっていいかもしれません。

なお、友の会ははずれたようなので、残念ですがまたいつかお礼を言えれば。ちゃんとお礼を言えるようにコツコツやります。


ありがとうございました。






Re: ありがとうございます。

Hanaさん

勝率8割は、無駄なトレードをしないための例なので気にしないでください。
トレードで利益を残すために必要なのは、資金管理なので、ここができていれば、勝率5割以下でも資金は増えます。
1回の損切りが資金の1%以内なら、資金管理としても上出来だと思います。

あと、私はホントにアマチュアですし、為替市場は世界中の人や巨額の資金を動かすプロが参加している市場なので、常に奢らず、謙虚にトレードするがのいいと思っています。
...調子に乗ってやられたことが何度もなるのでi-229

投資はギャンブルや宝くじではないので、一気に増えることはありません・
だからこそ、続けることが大事になってきます。
お互い、コツコツ長く続けられる投資家になりましょう!

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ