赤と緑のクロス

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左のカテゴリをご参照頂ければと思います。

私の手法は、マーケットが大きく動き、誰もが買う場面で買い誰もが売る場面で売る、というのが基本戦略です。
この...しかない相場を探す手法が虹の出現なのですが、先週木曜日にポンドが急騰してから、しばらく膠着しています。

10月14日に膠着相場のトレードでも、このような場面のトレード方法をご案内しましたが、今日はもう1つ、虹色の赤ライン(5EMA)と、緑ライン(50EMA)のクロスを利用する方法をご案内します。

私は元々、この5EMAと50EMAのクロスをタイミングとして使っていたのですが、ダマシに合うこともあり、より確率の高い方法として、虹色トレードを考えました。

よって、今回ご紹介の方法は、虹色よりリスクがあり、ローソク足を注視する必要があることは、ご承知おき下さい。

チャートはドル円の1時間足です。
20091020usdjpy1h.gif
ドル円は上は91円そこそこ、したは90円ぐらいで膠着していて、狭いレンジの動きになっています。

今日の10時(チャートでは4時)過ぎに、赤の5EMAは緑の50EMAを下にクロスしました。
今日はその前にも1度クロスしましたが1回は戻され、2回目です。
ここで15分チャートも見てみます。
20091020usdjpy15m.gif
15分チャートで見ると、虹が広がりつつあります。

そこで、①1時間チャートの5と50EMAがクロス②15分チャートが虹
この2点から売りエントリーしました。

もちろん、そのまま90円を割ってくれれば、ありがたいのですが、そうとも思えず、チラチラ様子見しながらのトレードでした。
その後、15時(チャートは9時)台に1時間で見ても、15分で見ても下落が止まったようなので、深追いせず、40pips弱で決済しました。

このように、1時間や4時間の赤ライン(5EMA)と、緑ライン(50EMA)のクロスは、虹が出にくい場面でのトレードに有効かもしれません。

しかし、前述のように、通常の虹色トレードよりダマシに合う確率が上がることを理解した上で、利幅を小さくすることが重要だと思います。

ではまた


コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

新たな手法の公開、ありがとうございます。
以前おっしゃっていた「支持線としてのMA50」を使った手法ですね、参考になります。

先日より便宜的に虹の状態を以下の5分類に分けて考えていました。
1)上虹:買いサインとなる虹の動き
2)上向:上虹を形成しそうな虹の動き(赤と紫のクロス)
3)揉み合い:1,2,4,5に当てはまらないケース
4)下向:下虹を形成しそうな虹の動き(赤と紫のクロス)
5)下虹:売りサインとなる虹の動き

扱いに困っていたのが揉み合いのケースです。一括りに揉み合いと言っても、実際は膠着状態なこともあれば反転後の大きな動きの場合もあり、チャンスである後者の場合何を目安にポジションをとればよいか、試行錯誤していたところでした。

記事に書かれているように15分足の虹やローソク足でもトレンドが出ていることが確認できれば、虹でエントリー出来る機会が増えそうです。

結果が出たらまたご報告しますね。

Re: NO TITLE

harupongさん、こんばんは!

すごいですねe-257
こんな風に、まとめて頂けるとは、思ってもいませんでしたv-363
素晴らしいです。 ありがとうございます。


赤(5EMA)と紫(100EMA)のクロスなら、今回説明した5EMAと50EMAとのクロスより、虹が発生する確率も上がるはずです。 

ただ、今日の私の記事も、harupongさんの分類2.4.も、e-491虹色FX本来のナイアガラのような7本ラインをで相場に入る場合よりも、ダマシに合うことがあると思います。

この辺は、harupongさんの研究を待ちたいと思いますので、よろしくお願いします。
...しかし、すばらしいe-454


ではまたi-88

私流の虹色トレード

haruponさん、田向さん
おはようほございます
haruponさんはかなり良くまとめられたと感じます。素晴らしいと思います。
そこで、ちょっと恥ずかしいですが、先週からチャートを自分なりに分析して、私流の虹色トレード法を論じてみます。間違いも結構あるかと思うが、是非、ご指摘を頂ければと思います。(まだ実績はないけど、理論上いけるはず。これからゆっくりと検証してみます)
まず、前提として、売りの場合、4Hと1Hチャートは下落傾向にある。反対に買いの場合、4Hと1Hチャートは上昇傾向にある。このほうがリスクが低いですね。
主に、豪ドルとポンド円のチャートを分析対象にしています。トレード区間は5分か15分足
で行います。60分足ならもっと余裕で取引できます。

※買いのパータン
1)上昇に転じる前、RSI(9日)が最低1回30%まで下がって反転すること
2)ゴールデンクロス(上昇)の有無は、5EMAが35EMAを上抜き、且つ10と20EMAもはっきりと上向きになっていることを条件とする。この時点で一回目の打診買いしても良いと思う。
3)ローソク足も合わせて確認すべきです。長い下髭か、大陽線あるいは十字線が出たこと。
4)更に5EMAが50EMAを上抜き、より鮮明に虹色の前触れが現れたら、追加買いする。
5)35と50EMAが横ばいから上向きに変わり、徐々に虹色パターンの形成を見守りながら、RSIの上昇を観察する。70を超えたら、過熱感が出ると認識します。まだ目標価格に至っていない場合でも、利食いをするかどうかを考えます。もし反落あっても50EMAでしっかりとサポートされて再上昇するなら、次のRSIが過熱感が出るとき、利食いを決めればよいでしょう。
6)もし、虹色の確認が遅れていて、ある程度上昇している場合、RSIの値を見て買うか、見送るかを検討すればよい。
7)基本的に、15分足でRSIが70を超えたら、大体数十PPIが上がっているはずですので、利食いしたほうが良いと思います。60分足でRSIが70を超えたら、相当含み益があると思います。

※売りのパータン
1)下絡に転じる前、RSI(9日)が最低1回70%まで上がって反落すること。2回あってダブルトップでもあれば最高だと思います。
2)デッドクロス(下落)の有無は、5EMAが35EMAを下抜き、且つ10と20EMAもはっきりと下向きになっていることを条件とする。10も20EMAより下がっていればもっとよいでしょう。この時点で一回目の打診売りしても良いと思う。
3)ローソク足も合わせて確認すべきです。長い上髭か、大陰線あるいは十字線が出たこと
4)更に5EMAが50EMAを下抜き、より鮮明に逆虹色の前触れが現れたら、追加売りする。
5)35と50EMAが横ばいから下向きに変わり、徐々に逆虹色パターンの形成を見守りながら、RSIの下落を観察する。30を割ったら、過冷感(売られすぎ)が出ると認識します。まだ目標価格に至っていない場合でも、買戻しの利食いをするかどうかを考えます。もし反発あっても50EMAでしっかりと跳ね返れて再度下落するなら、次のRSIが過冷感が出るとき、利食いを決めればよいでしょう。
6)もし、虹色の確認が遅れていて、ある程度上昇している場合、RSIの値を見て売るか、見送るかを検討すればよい。
7)基本的に、15分足でRSIが27か28を割れたら、大体数十PPIが下がっているはずですので、利食いしたほうが良いと思います。60分足でRSIが30を割れたら、相当含み益があると思います。

※補足
1)虹色パータンが確認取れるとき、すでに価格が現在進行中か、ある程度先行していると感じます。ですから、RSIなどの先行指標を見て先を読むのはよりベターになる。
2)決して、底を買わない、天井を売らないこと。
3)たまに、指標発表の最中に虹色を確認できて注文の約定があっても、虹色の形をよく観察しながら、トレンドの強弱を見極めて、ポジションの維持もしくは解消を考えると良いでしょう。指標に反応して急な動きがあっても大体は行って来いのようばケースで終わることが多いため、虹色を信じて行動すべきです。
4)ロスカットの設定に関しては、まだよい目安が分からないので、今回は論じませんが、各自の許容範囲内で余裕持って設定すれば、よいと思います。ただし、虹色のパターンが崩れ始め、もみ合いか反対のパターンに変化しそうな気配を感じたら、即、ポジションを解消したほうがよいと思います。

以上、かなり長くなりましたが、皆さんのご指摘をお願いします。

補足その1

RSIで確認できるシグナルは、あくまでも相場のボラティリティが正常範囲にあることが前提です。
また、強い相場の場合、1Hと4Hで80超えてもすぐ下落とは限らない。反対に暴落相場では、4Hで10を割れてもすぐには反発に転じるとは限らない。要はトレンドに逆らっていけないことですね。
トレンド イズ フレンド

では

Re: 私流の虹色トレード

fxサイさん、こんにちは!

コメント頂き、ありがとうございます。
今日はちょっと雑用に追われていて、まだ細かく見ていません。 ごめんなさい。
もう少しお時間を頂き、RSIなどを含めて、見てみたいと思いますので、ご容赦をi-229

ではまたi-88

NO TITLE

コメントはお時間のあるときでゆっくり行ってください。噂のポンドが4H虹色まだ出ましたね。
検証しながら指をくわえてみているが、動きが早すぎてついていけないですね。ちょっと開始時間は少し遅かったせいもあって、慎重にやっております。かなり良い感触が得られそうです。
では

Re: 私流の虹色トレード

fxサイさん、こんばんは

これも上級テクニックですね i-179
チャートの流れをよく観察されていると思います。
私の今回の記事と違うのは、5と50のクロスではなく、5と35のクロスを見ている点でしょうか。
ただ、私のように単純ではなく、もっと細かな動きを観察されている点が違いますね。
素晴らしいです i-197

私は個人的にはRSIは全然見ていませんが、このような流れの中で説明して頂くと、タイミングを取りやすいかもしれませんね。

しかし一番大事なのは、まずは虹色を通じて、ローソク足をよく見て、動きを見慣れることだと思います。


ちなみに、今日の私は、ユーロポンドを0.91付近で売り、BOE議事録のおかげもあって0.9015付近で決済しました。 ローソク足の動き、また0.90付近にあるフィボナッチ61.8を意識して、早めに撤退しました。

ではまた i-88

NO TITLE

田向さん、皆さんこんばんは。
ノッコです。

皆さん良く研究されてますね。
すごいですね!

私は先週に引き続き、今日もポンドを買えずちょっと凹んでいます。

皆さんのコメントも参考にさせて頂き、また明日から頑張ろう。
おやすみなさい。

途中報告

お褒めのコメントありがとうございます。
どうせやるなら、徹底的にやってみたいと思いますので、午後より早速検証を始めました。
ポンド円で小ロットの取引をやっていますが
儲けは適度で、虹色コンセプトとRSIの数字組み合わせは絶好調だと思います。本ちゃんでは、定期的に、そのときの相場変動率に合わせて、パラメーターの最適化を行えば、継続的に使えますね。
また、不思議な赤色線とマジックみたいな緑色線もかなりしみじみと伝わって来ています!
偶然だと思いますが、赤色線は時々、ボリンジャバンドの-σと重なることもあります。
それから、虹色の線同士のクロスが微妙に確認できそうでできない時、MACDの向きと開きで補佐させれば、よいみたいです。(まだ確信は取れていない)
まあテクニカル指標は皆、似たようなものかもしれませんね。

本日の感想ですが、信ずるものは勝つ
では、またお邪魔します。

Re: NO TITLE

ノッコさん、こんにちは
コメント、あいりがとうございます。  遅くてゴメンなさいi-227

昨日、ポンドはBOE議事録の公表で急上昇しましたが、問題はこれが続くかどうかですね。

マーケットは、狭いレンジで膠着しているので、なにか話題をきっかけに動くことがあり、今回もそうだったかもしれません。 また、このような場合にポンド主導で動くこともよくあります。

e-491虹色としては、ポンド買いが安定的に続くかどうかが注目だと思ってます。

何より、損をしないことが大事ですから、「入りそこねた!」と思ったら、無理して後から入らない方がいいと思ってます。 ...焦ったトレードは判断ミスを冒しやすいと思いますしね。

チャンスはいくらでもありますし、アマチュアですから、気楽に行きましょうi-185

ではまたi-88

Re: 途中報告

fxサイさん、こんにちは

いろいろ検証、ありがとうございます。
e-491虹色は、移動平均線の集まりですから、いろいろな組合せや使い方ができると思います。i-87

これからも、よろしくお願いします。

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ