スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンドの動き

5月18日(金)

昨夜はフィラデルフィア連銀製造業指数が予想より大きく悪く、円買いになりました。

ただ、twitterにも書きましたが、全米12連銀の1つがたまたま悪かったからと言って、あまりに円買いが進み過ぎていて、これはきっかけに使われたと思っています。

チャートはドル円・クロス円の日足です。
20120518 YenCross6pair1day
日足なので縦破線は月区切り線ですが、これを見ると、5月から円はずっと買われていて、ドル円だけがドル買い・円買いで膠着していました。

ここで、悪い米国経済指標が出たため、その流れが加速していった、ということだと思います。
また円は2月から売られていたので、こららのストップを巻き込んだのもあると思います。

では、このままずっと下げるかというと、そうも考えにくいです。
チャートはポンド円の日足です。
20120518gbpjpy1day.gif
以前も書きましたが、ポンド円は127円付近が抵抗帯だったのでここを下抜けると大きく下げると予想し、また上に書いたようにそれ以前から円買いの動きが出ていたので、私は128.45付近で売っていました。

上手く下げてくれたのでラッキーですが、下げが急激すぎるので、昨夜125.40付近で全部買い戻しました。
これはこの日足チャートで見た場合、126円ミドル付近(ピンク罫線)まで戻す可能性があるためで、1円も戻しそうなのでひとまず撤退しました。
また今日は金曜日ですし、来週は日銀の決定会合があり、ここでの緩和期待が大きくなると、戻されやすいからです。

目標値についてのご質問をコメント欄にいただきましたが、これもオレンジの罫線で見ています。
ただ121円ミドルは大まかな目標なので、122円かもしれませんし、120円かもしれません。
128円付近で予想した長期なので精度は低いと思いますし、こうした目標は日々の実際のトレーディングの中で修正されると思います。
...以前AUDUSDもパリティ割れ期待と書きましたが、AUDUSDはもっと下げました


ポンドで注意したいのは、ユーロポンドの動きです。
ユーロはギリシャが火種となっていて、預金の引き出しがギリシャのみならずスペインなどにも広がっている、とのニュースもあります。
チャートはユーロポンドの日足です。
20120518eurgbp1day.gif
一目瞭然でユーロ売り、ポンド買いですが、黄色の四角部分は窓が開いたままです。
このため、ここの窓埋めはあるかもしれないと思っていて、もう少しポンドが売られるかもしれません。
しかし、ポンドよりユーロの方が悪いのは間違いないので、ポンド売りの動きは急激なもので、再びユーロ売りに戻ると思っています。

この点は昨夜ユーロドルが下げなかったことにも関連していそうです。

ギリシャの政治家も国民も、昔のドラクマだった頃のように借金を踏み倒せると思っているようですが、ユーロでそれを認めると、他国も追随してしまいそうで、ユーロ圏はこれを認めないでしょう。
となると、ユーロを離れざるを得ないかもしれなくなるのですが、この辺の金融や政治を理解していない政治家とそうした人を選ぶ国民なので、混乱は必至です。

それは日本も同じで、グローバル金融経済社会になっていることに気が付いていない議員がほとんどでしょう。
金融を知らないより、現実を見ないことの方がもっと問題ですけどね



昨夜はZAiFX TVに遊びに行っていましたが、収録後に飲みに行こうと移動していた、西原さんと個人投資家9人で歩いていて、ふと、この10人で何億稼いでいるんだろうか?とか、みんな海外に行ってもトレーディング技術で生活できるんだろうなぁ...と、思ったりしました

番組中にFX奈那子さんがおっしゃっていたように、FXは簡単ではありませんが、夢がある、というのが印象に残りました。
また、「マーケットは努力を裏切らない」とも言いますので、日々楽しみつつ、努力していきたいと思います。

では、よい週末をお過ごしください

コメントの投稿

非公開コメント

No title

詳しい説明ありがとうございます

逆指値を入れて様子見していますが・・・

引っかかりそうです^^;

Re: No title

さいちゃんさん、こんばんはi-179

どの辺でエントリーし、どの辺で逆指値を入れたのかがわからないので、何とも言えませんが、やはりエントリーのタイミングがトレーディングのすべてだと思います。

大きな流れに従っていても、タイミングが悪いとストップを狩られますし、
極端に言うと、トレンドと反対でもタイミングが良ければ少しは利益を取れたり、損切りしないで済む場合もあります。
...ただし、トレンドの反対でトレードするのは、相場の読み、思い切りの良さなど
   いくつかの要素が必要で、私にはできませんi-229


西原宏一さんのメルマガを読んでいると、こうしたタイミングの重要さがとてもよくわかりますし、私もメルマガを読み始めてから、特にタイミングを精査するようになりました。

自分のスタイルに合った、タイミングが見つかると、楽なトレードができるようになると思います。
...私は昨日大きく動き過ぎたので、今日は大きく動き出さない限りお休みになりそうです。

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。