スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戻り売りスタンス継続

5月16日(水)

昨日はギリシャの連立不調による再選挙が決定し、ユーロが売られました。
ユーロドルはこのブログで書いたように1.2880~1.2900ぐらいの戻りを予想していましたが、1.2870付近までで下げに転じました。

チャートはユーロドルの1時間です。
20120516eurusd1h.gif
ディーラーズ・バトルで書いたように、マーケットは1.2870を付けてから数時間は迷っていて(黄色●部分)、もう少し上がるかともおもいましたが、この1.2870の高値を越えなさそうになり、ここは戻り売りの良い売り場になりました。

虹が下向きで、流れが下方向とわかっていて、ストップも直近高値の上1.2880付近に置けるので、ストップも狭く、リスクも少なくて済みます
また戻りが弱ければ、下押しが強いと予想した通りの動きで、納得のいくものでした。

今回はギリシャのニュースで特によく落ちましたが、このチャートを見るとそれ以前でも虹で流れがわかっているので、戻り売りがしやすいのがよくわかるチャートだと思います。

本日も、昨日急落しているので1.2800~1.2850ぐらいまで戻る可能性があると思っていますが、戻りが弱ければ昨日同様にさらに下押しする可能性があります。
ただ、本日は日本時間の深夜3時にFOMC議事録が公表されるので、この中でQE3に関連する発言などがあると、ドルが売られて、ユーロドルの動きも反転するかもしれません。

ユーロ売りスタンスをメインとしつつ、ドルの動きにも注意したいと思っています。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。