ドル買い継続

3月19日(月)

先週末はこれまでのドル買いが調整される動きとなりましたが、これは反転ではなく、調整だと思っています。
また本日は、あれだけ荒れたギリシャの国債償還があり、世界中のギリシャを信用しない多くの人は、もしかしたら、万が一、ギリシャの国債償還で何か起こるかもしれないという危惧は持っているハズで、そうなると、やはりドル買いポジションを取りやすいと思っています。

チャートは、金曜日にも出した、米国2年債の金利です。
20120319 us treasury 2y Yield
木曜から少し下げましたが、週末時点で下げ止まっているのがわかります。
こうなると、ドル売りの動きは一段落で、先週木曜からの動きは調整だったと考えられるのではないでしょうか。

チャートはユーロドルの1時間です。
20120319 eurusd1h
金曜日に上昇しましたが、ディーラーズ・バトルで書いたように、1.32手前で上昇が抑えられています。
ここは先週火曜日につけた高値(ピンク罫線)がある部分ですし、1.32にはオプション・バリアもあるのかもしれません。

ただ、1時間の虹は上向きなので、上方向に進む可能性も高いのですが、ドル買いになるという考えと、1.32手前に先週の高値がある点、そして1.32にはバリアがあるかもしれない、もし上抜けてもストップは狭い、という4点を考慮して、金曜日にショートしました。(逆張りですね

ユーロドルは1.35~1.30のレンジになってきていて、木曜日は1.30の下抜けにトライしましたが、おそらくここにもオプション・バリアがあったようで、下抜けできませんでした。


こうしたオプションは、ヘッジファンドや銀行など大手プレーヤーが使っているので、金額も大きく、当然マーケットの動きにも影響します。
FX会社が配信してくれるニュースやメルマガなどでこうした情報が出ていたりしますが、基本的には相対取引でオプションは契約されているので、私たちにはわかりにくいものです。

その辺の話は、3月21日(水)の西原さんのセミナーで、解説してくれるはずです。
元ゴールドマン・サックスの荻野金男さんと2人でお話するので、リアルなマーケットの話が聴けると、期待しています。
...ただ、CMCのセミナーはコンプライアンスが厳格なので、申し込み手続きがかなり面倒です
   どうやって申し込み画面に進んだらいいのか、わかりにくいのですが、
   苦労しても申し込む価値があると思います

また、先週、木曜日のフォレックス・ラジオ 為替で大儲けにゲスト出演されていた、元ドレスナー銀行の内藤さんも現在はご自分で為替取引をされていて、オプションなども使いながらトレードされているようです。

私たちのような個人投資家もリスクヘッジするためにオプションを知っておいて損はなさそうですね


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ