動きにくい

3月2日(金)

月末の29日(水)に大きく動いてしまったので、昨日はあまり動きませんでした。
本日も第一金曜日ですが、雇用統計はなく、このため静かな相場になりそうです。


チャートは、久しぶりに、ドル・円・ユーロ・ポンドの組み合わせ6ペアの1時間足。
縦破線が日付区切り線なので、火曜日の後半からの動きが示されていて、やはり水曜日(29日)に大きく動いたことがわかります。
20120302 6pair1H
EURUSD、GBPUSD、EURGBP
USDJPY、GBPJPY、EURJPYという配置です。
このサムネイルのまま拡大しなくても、上段中央のポンドドルと下段左のドル円、そして中央のポンド円には虹がかかっていることがわかります。

それ以外は、パッと見でも虹が乱れていて方向感がありません。
スキャルピングとかができる方は、こうした局面でもトレードするのだと思いますが、その場合は利益が少ないので枚数を増やすことになり、やられた場合は損が大きくなります。
スキャルパーの方はそうしたテクニックがあるのでしょうが、私にはできないので、「待つのも相場」と考えて見送ります。

では、ポンドドル、ポンド円、ドル円を見てみますが、チャートを拡大するとわかりますが、虹は出ていますが、5EMA10EMAの間隔がほかのラインの間隔に比べて狭く、上値が伸びにくいことがわかります。
長期のラインを見ると、ライン幅も一定で上向きなので、大きな流れは上昇ですが、緩やかに、ゆっくりと上昇しているわけで、急激な上昇が望めません。

この状態はMACDではMACDとシグナルが接近している状況と同じで、勢いがないので、手を出さずに様子見した方がいい状況です。
...昨日はGBPUSDを買いましたが伸びないので降りました。

ただ大きな流れは上方向なので買いスタンスを維持しつつ、エントリーのタイミングを探る、という状況です。

上値が伸びないかもしれないので、下げた場合は下げ止まりを確かめてから買いエントリーが良さそうですし、現在買いポジションを保有していれば、ストップを徐々に上げたり、建値にしておいて、損を少なくすることが大事だと思います。

今日は金曜日ですが大きなイベントもなく、静かに終わるかもしれません。
...相場は、そう毎日こちらに都合よく動いてはくれません

シナリオを用意したり相場感を持つなど準備して待ち、チャンスが来たら乗る、というのが大事だと思っています。


週末は雛祭りですね。
ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ