ギリシャとSNB

2月7日(火)

昨日の月曜日、ギリシャとポルトガルが気になって、ブログで書きましたが、やはりギリシャは欧州の問題児のようです

EUやIMFから支援を受けつつも、財政目標達成はほど遠く、公務員もストをやるようです。
日本では日本航空、米国でもGMがそうであったように、現状の経営(財政)を無視した年金制度は、本体に負担をかけ、結局は破綻します。
...そうした意味では日本の財政も年金問題は重要ですね

ギリシャは2月13日が期限とされているので、今週が交渉の焦点になりそうで、もしここがまとまらないとマーケットは一気にリスクオフになるかもしれません。
こうなると、ドル買い・円買いになるかもしれず、しばらくはデイトレで、早目に利確した方が良さそうです。

チャートはユーロクロスの4時間で縦破線は週区切り線です。
20120207 EURcross 6pair4H
EURUSD、EURJPY、EURCHF
EURAUD、EURGBP、EURCADが表示しています。
パッと見で、下段左と真ん中のEURAUDと、EURGBPだけが、虹になりそうで、ユーロが売られれば、下向きの虹が揃いそうです。
この2つは1時間足が下向きになってくれば、ショートがいいかもしれません。

ただ本日はRBAが金融政策を発表するので、豪ドルはそれを見極めてからですし、木曜日にはBOEが金融政策を発表するので、結果によってはポンドも大きく動くかもしれません。

いずれにせよ、ギリシャのPSI問題がガタガタしているため、マーケットは方向感がなくなっていて、トレードがしにくくなっているように思います。

タイミングに集中して、小さな利益でも早目に逃げるか、または大きな流れができるのを待つのが良いと思っています。
...ディーラーズ・バトルのようにユーロ売りスタンスで、小さく取ってすぐに逃げています


また本日は19時台にSNBの暫定総裁が講演するので、スイスが大きく動くかもしれません。
ユーロスイスの1.2が注目点で、ここをSNB死守して急騰するのか、いったん割って膨大な損切りが出て急落させるのか、マーケットとしては面白そうですが、自分の資金を入れるには少し怖いですね。

ギリシャ情勢と、SNBの動きに注目したいと思います。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ