FOMCでドル売り

1月26日(木)

昨夜のFOMCでFRBは金融政策を変更せず、異例の低金利(年0.0%~0.25%)で据え置くとともに、これを従来の「2013年半ば」から「2014年終盤」まで継続する、として異例の低金利の期間を延長しました。
これにより、ドルは売られる展開。

ユーロドルでは、ユーロの悪材料での売りと、ドルの緩和の売りが衝突することになり、単純にユーロ売りではなくなりそうです。
ユーロドルはFOMC後に1.31台へ上昇していて、先週からこのブログやディーラーズ・バトル書いているようにユーロドルは上昇の流れになっています。

チャートはドルストレートの6ペアの4時間です。
20120126 dollar strait
EURUSD、GBPUSD、AUDUSD
USDJPY、USDCHF、USDCAD...という配置。
上段はドル売りで上昇し、上向きの
下段はドル売りで下落し、下向きの虹、になっていますが、ドル円だけは逆になっています。

円は先日の貿易収支の赤字(31年ぶり)をきっかけに売られていて、ドルより円が売られている状態です。

これらから、ユーロ売りなら、ユーロクロスのほうがユーロドルよりやりやすいと思います。
クロス円は上昇の可能性が高まっています。

思惑や値ごろ感でトレードすると、痛い目に合うので虹や、自分の得意なインジケーターなどでマーケットを確認するのが良いようです。
...最後は昨日お会いした方が読んでいるというので、
   ちょこっとカッコつけて真面目にしてみました
   お気軽にコメントしてくださいね~

ではまた



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ