ユーロは足踏みか?

1月18日(水)

昨日はユーロが上昇。
ユーロドルは1.28台、ユーロ円は98円台をつけましたが、そこからは下げています。

欧州9カ国の格下げ後もユーロは安定しており、欧州各国の国債入札も順調で、利回りも一時期より低下して、ユーロ問題は一服という状況になっています。

ユーロは基本的には売られると考えていますが、そこは相場ですから、行ったり戻ったりします。
ひとまずユーロは、この辺で足踏みするかもしれません。

チャートはドルインデックスの週足です。
20120118 dollar index weekly
ドルインデックスはずっと上昇していて、ドル買いが進んでいることがわかります。
このためユーロドルは売られる動きで、ユーロドルの動きは、このドルインデックスとほぼ相対の関係。
チャートをよく見ると、現在のレベルは2010年の10月から2011年の1月ごろのレベルと同じくらいの81~82というところ。

これをユーロドルの週足チャートで確認してみると...
20120118eurusd1week.gif
1.296ぐらいから1.288ぐらいで、現状のユーロドルはここをさらに下抜けています。

しかし、その下には8月の安値1.258ぐらいがあり、この1.29から1.26ぐらいの範囲(ピンク罫線)で少しもみ合うかもしれません。

再びユーロの悪材料が出て、一気に下抜けしてしまえば別ですが、欧州の国債入札が順調だったり、EFSFがAAAからAA+に格下げされてもあまり売られない動きを見ると、このレベルでユーロドルは足踏みするかもしれないと考えています。
ただ、ユーロドルの週足は下向きの虹なので、ユーロドルは下落トレンドが基本と考えます。
そのうえで、足踏みの可能性を考えているので、戻り売りスタンスです。


大きな流れは戻り売りなので、あとはタイミングをどうとるかの問題で、私は虹が教えてくれるサインに従って、ゆっくりトレードしているので、もう少し短い時間のチャートで再び売るサインが出れば、売り参入し、方向感がハッキリしなければ待つ相場になります。

まずはユーロドルが1.26を下抜ける動きになるのかを見極めたいと思います。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ