ユーロ下落の可能性

1月11日(水)

昨日はリスクオン的、豪ドルが上昇、ユーロも買い戻される動きになりました。
しかし大きな流れはユーロ売りで、マーケットが安心できる状況ではないと思っています。

また虹色チャートは、再びユーロ下落の可能性を示しており、タイミングが合えばユーロを売ろうと思っています。

チャートはユーロクロスの6種の4時間です。
20120111 EUR cross6pair 4H
縦破線は週区切り線で、赤罫線は昨日の安値です。
EURUSD、EURJPY、EURCHF
EURAUD、EURGBP、EURCAD という配置。

リスクアセットのEURAUDが下げていないのが気になりますが、EURUSD、EURJPYは昨日安値に接近しており、EURGBPはすでに前日安値を下抜けています。
4時間の虹は下方向に出ているので、ユーロ売りは間違いなく、後はタイミング。
7本線が順番通り揃って下を向き始めれば、売ろうかと思っていますが、EURUSD、EURJPY、EURGBP、EURCHFの直近安値は月曜日なので、ここがサポートになるかもしれません。

ユーロは売りスタンスですが、明日にECB理事会も控えており、動き出すかどうか見極めたいと思っています。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ