ユーロの動き

12月15日(木)

ユーロドルは昨日1.30を割り込み1.29台へ。
しかし、そこから一気に下がりはせず、かなりの攻防が続いています。

噂では、1.30には1ヤード級の買いがあるとも言われていたので、これを下抜けたならかなりの売りがあったと思われますが、下に走らないのが気になるところです。
...1YardはInterBankの1000本、InterBankの1本は100万ドルなので...

その理由の1つは、売られ過ぎだと思っています。
昨日のディーラーズ・バトルでも書いたように、昨日は虹のチャートから1.3150ぐらいまで戻す可能性がありました。
しかし、1.3050ぐらいまでしか戻らず、売られ過ぎにも関わらずさらに下げる展開。
さすがにこうなると、下げにくいのかもしれません。

チャートはユーロドルの日足です。
20111215 eurusd1day
日足もきれいな虹になっていて、売るしかできない相場です。
なので、問題は売りで入るポイントとなり、戻り売りか、新安値更新での売りがいいと思っています。
ただ直近は5EMAから離れていて売られ過ぎを示しており、このレベルでもみ合って5EMAが接近してくるのを待つか、少し戻す動きになると考えています。
...昨日1.2995で売りましたが、戻されて建値で撤退しています。


このユーロの下落は、イタリア国債の不調というヘッドラインによる部分が大きいようですが、それでも下げきらないのは、やはり売られ過ぎと考える参加者が多いのかもしれません。

ユーロは円に対しても売られているので、ユーロ円も下落。
もしかしたら100円を割り込むかなぁ、と期待しましたが、こちらも下がらず。
20111215 eurjpy1day
ユーロ円の日足は、上のユーロドルとほぼ同じように虹のチャートを描いていて、ユーロ主導の動きであることがよくわかります。
また直近が売られ過ぎていることも同じで、100円台に入らず101円台で止まりました。
...ユーロ円も101.40ぐらいで売りましたが、戻されました。
   ちなみにテレビ朝日では、ユーロ円100円割れに備えてその瞬間を撮るよう準備しているようなので、
   100円割れの瞬間はテレビ朝日で見れると思います

ユーロは下落の方向で、売りなのですが、日足が戻る可能性を持っていたので、昨日はすぐに建値にストップを移動させて、利を取れませんでした。


本日は17時30分にSNB(スイス国立銀行)が金融政策を発表し、ここでスイス高防衛の新たなコメントがあると噂されているので、注目していますし、荒れるかもしれないので、夕方までは注意したいと思っています。


昨夜の動きに期待し、宴会も欠席したのにもかかわらず、利益とならず、とても残念
でも、私自身は今週いっぱいと思っているので、今週末からリフレッシュしようと思っています。

まずはユーロがこの先年内にもさらに下げていくのか、このレベルで落ち着いて年越しとなるのか、に注目しています。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ