スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休暇にはまだ早い?

12月12日(月)

先週注目のEU首脳会議は、ハッキリしないまま終了。
EU加盟27カ国のうち、26か国は財政統合条約に前向きですが、唯一、英国だけは反対し、27カ国の合意で条約改正とはなりませんでした。

サルコジはかなり不満だったようで、「デビット・キャメロンは...」と名指しで非難。
キャメロンも「ユーロに入らなかった英国は幸せ」というように、外交的に大丈夫なの?と思うような発言。
ヨーロッパでこれですから、アジア共通通貨なんてのは、無理ですね

さて、マーケットですが、結局動いてません

今朝の西原宏一さんのメルマガによれば、このように大きく動くことが予想されると、オプションなどでヘッジしているが参加者が多いので、逆に動かなくなっているのかも?ということで、読んでて、なるほどです。
各通貨についてはこの後随時メルマガで送られてきますが、そこまで書くとマズイので、ご紹介はここまで

チャートでマーケットの表面を見ている私には、マーケット内部の動きを知っている人の情報は自分の考えをまとめるうえでとても参考になります。

それでも、メインはチャートなので、チャートを見てみます。
迷うとき、わからない時に出す、ドル・円・ユーロ・ポンドの組み合わせ6ペアの1時間です。
20111212 6pair1H
EURUSD、GBPUSD、EURGBP
USDJPY、GBPJPY、EURJPY という配置です。
縦破線が日付区切りなので、木曜の夜からの動きですが、どの通貨ペアも虹の7本線が集束してきて方向感がありません。
ただ、この状態がずっと続くはずはなく、どこかで動き出すので、それが大きく育つ動きになるのかを確かめたいと思います。
というのも、時期的な問題で今日は12月12日。
私がFXを始める遥か前、まだ個人にFX取引が解禁される前ですが、シティバンクのディーラーだったスキー仲間のYEN蔵さんから電話(当時、携帯はありません)で、ゲレンデの積雪情報の確認が来るのがこの頃でした。

つまり外資系銀行では、そろそろクリスマス休暇に入る時期で、今週中には多くのディーラーやファンドが休暇に入るものと思われます。
来週の月曜日は19日なので、おそらく来週にはみんな休暇に入っていると思うので、今週前半に動きがなければ、今年はそろそろ終わりかもしれません。

そう考えると、ここから新たにポジションを傾けるのは難しそうで、まだ早い気もしますが、今日の欧州時間や米国時間で動かないようだと、私も休暇に入ろうかと考えるところです。

年末の(年始は2日から動き出すはずです)ゆっくりした時間は、セミナーで勉強したり、今年のトレードを振り返ったり、マーケットが動かない分、じっくり研究できるのではないでしょうか。

明日はFOMCがあり、休暇にはまだ早い気もしますが、欧米の参加者が休暇モードになりつつあることを考慮して、動きを確かめてから行きたいと思います。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。