スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

様子見!

12月7日(水)

昨日はS&Pが欧州諸国を格下げ方向で見直しとのニュースで、ドル買い・円買いになりそうになりましたが、続かず、方向感のない展開が続いています。
こうしたニュースのヘッドライン・リスクには要注意のようで、こうした局面では改めて虹の7本線がきちんと揃い、美しい虹が出るのを待った方が良さそうです。

チャートはドル・円・ユーロ・ポンドの組み合わせ6ペアの1時間足です。
20111207 6pair1H
少し小さくしているので、過去2日ぐらい(縦破線は日付区切り)を表示しています。
ユーロドル、ポンドドルは、下向きの虹が出そうで、下げると思っていましたが、虹がきれいに出て方向感が定まらないうちは、戻されてしまいます。
...私はユーロドルを売りましたが、すぐに戻されてしまいました。
   やはり虹を使って、「誰もが売る」のを確かめてから売った方が確実性が高いようです

今週は、明日BOEECBが政策金利を発表しますし、週末にはEU首脳会議があり、ここでどのような対策が出されるかに世界中の注目が集まっています。

明日のECBはEU首脳会議の前に開催されるわけで、ECBかEU首脳会議で何らかの決定が出る前に、フライング的に何らかのアクションを起こすかに注目が集まっています。
...保守的なECBは、フライングしないと思いますが

もしECBが利下げしても、翌日のEU首脳会合が空振りだと、ユーロは大きく上下しそうで、危なさそうです
こうした、マーケットの動きに敏感に反応するトレーダーは積極的に行くと思いますが、私はトレードが上手いわけではないので、やはり大きな流れに従うのが良いと思っています。

EFSFの格下げ懸念も出てきており、ユーロ圏の先行きは不透明なままで、要注意ですから、今週は様子見になりそうで、年末ということも考慮すると、無理をしないでおこうと思っています。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。