スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽観でいいのかなぁ

12月1日(木)

早くも12月です。
マーケットは年末に向けての動きになりそうですが、昨夜は6か国の中央銀行の協調ドル供給支援の発表で、マーケットは楽観的となり、リスクオン
NYダウは490ドルも上昇するという、もの凄い動きになりました。
...私はちょっとした反省会で渋谷で飲んでいたので、この動きを知りませんでした


FRB、ECB、BOE、SNB、BOJ、BOCによる協調したドル資金の提供は、それだけ銀行間取引でドルの調達が難しくなってきていることの裏返しかもしれません。

リーマン・ショックのときもそうでしたが、金融機関が大きな先行き不安を抱えながら年末などの資金需要がある時期になると、どこかの銀行が資金調達できずにデフォルトすると、連鎖的に金融不安になってしまうので、これを予防しようということだと思われ、逆に考えると、中央銀行が貸し出し利率を下げて借りやすくしなければならないほど、事態は危険なのかもしれません。

チャートは銀行間調達金利の動きを示すLIBOR(ライボー)の1カ月物のチャートです。
20111201 libor1
LIBOR金利はずっと右肩上がりで上昇してきていて、ドル需要が高まっていることがわかりますが、直近(赤○部分)は11月末の動きで、急上昇しています。

私たちアマチュアの知らないところで、銀行間ではドル調達が厳しくなってきていて、この動きから、中央銀行が協調して各国で営業する銀行にドル資金を供給することになったのかもしれません。
このチャートは昨日のものなので、明日のチャートでこの金利が下がっているのかに注目したいと思います。
...この辺の解説はプロのYEN蔵さんや、西原宏一さんのブログに期待します

チャートはユーロドルの4時間です。
20111201eurusd4h.gif
先週末で下落の動きは止まり、昨夜のニュースで暴騰しています

問題はここからで、これを楽観としてさらに上昇していくのか、わたしのように裏ヨミして、ドル買いになるのか、見極めたいところです。

本日は12月1日なので感謝祭ぐらいで1年を締めたヘッジファンドなども、新規の資金で参入するようです。
...この辺は昨日のサイバーエージェントFXでの西原宏一さんのセミナーが参考になりそうです。

昨夜のニュースをマーケットがどのように消化するのか、確認したいと思います。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。