円売りですが

11月30日(水)

昨夜のユーロ圏財務相会合は特に大きなものはなく、EFSFを拡充する、といういつものもの。
マーケットは方向感なく、もしかすると12月9日のEU首脳会議までは方向感のないまま、少しの期待感でドル売り・円売りが継続するかもしれません。

チャートはユーロドルの1時間です。
20111130eurusd1h.gif
先週末で悲観相場は一段落して、現在は方向感なく、虹の7本線は集束していて、これからどちらかに動くかもしれません。

わかりにくい相場なので、ドル・円・ユーロ・ポンドの組み合わせ6ペアの4時間で大きな全体の動きを見てみます。
20111130 6pair4h
少し縮めているので、約2週間の動きが表れています。(縦破線は週区切り線)

上段左と真ん中のユーロドルとポンドドルは大きな虹は下方向ですが、直近は先週末から少し戻す動きです。
上段右のユーロポンドは方向感なく、ユーロとポンドで綱引きしてます。

下段は左からドル円、ポンド円、ユーロ円ですが、ドル円の上昇が目立ちます。
4時間でも上向きに虹が出てきて、ドル買い円売りが強くなっています。
このため、ポンド円、ユーロ円でも円売りになっていて、直近は急激に上昇しています。
ここでは出していませんが、豪ドル円も急騰しており、リスク回避として安全資産の円に向かった動きが、急激に巻き戻されているようです。

しかし4時間のクロス円はまだ上向きに虹が出ているわけではなく、こうした急激な動きは一気に落とされることもあり注意したいところです。
一般的に、買い相場は緩やかに上昇し、売り相場は急落するのが常ですから、この急騰には違和感があり、私はなかなか買い向かうことができません。
もう少し上昇が落ち着いて、虹も現われて順調に上昇するようになれば、買い参入すると思いますが、どちらかと言えばまだ下落スタンスです。

マーケットはクリスマス休暇も控えており、動きにくい展開なのかもしれません。

WEBセミナーなどでプロの方の意見も勉強しますが、やはりプロでもわかりにくいと解説される方もあり、難しい相場かもしれません。

月末要因もあるかもしれませんし、慎重に行きたいと思っています。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ