赤に戻る特性


FX
へようこそ
※初めての方は、まず左のカテゴリをご参照頂ければと思います。

昨日、1時間チャートと4時間チャートを見比べるお話をしましたが、今日も少し続きです。
今日はドル円、クロス円の1時間チャートに虹がでていますので、これでご説明します。

まずチャートはユーロ円の1時間チャートです。
EURJPY1h
昨日の後半から虹が出てきました。
直近では9時台に大きく下げましたが、結局ローソク足は十字線になっており、すこし戻すかもしれないサインが出ています。

私はここで4時間チャートを見ます。(つまり、より時間の長いチャートです)
EURJPY4h
4時間チャートでも昨日から虹が揃ってきていい感じです。
しかし直近を見ると、4時間チャートは、現在のレート(値段)が赤ライン(5EMA)から離れていることがわかります。
そこで、赤ライン(5EMA)付近に引いたラインがブルーの横線で、だいたい130円30付近です。

9月24日に不思議な赤ラインで書いたように、虹色チャートは、なぜか、赤ライン(5EMA)付近を付ける傾向があります。

つまり、1時間チャートだけ見ていると下落していますが、4時間チャートで赤ライン(5EMA)から離れているので、この4時間足の5EMAに向けて戻る可能性があるということです。

なので、まずは130円30に接近し、その後どうなるかを見極めてから、やはり下落するようなら売りをします。

...って書いてるうちに、1時間チャートの10時足は9時足の高値を超えてしまいました。 
もうすこし上昇しそうなので、予定通り様子見です。



昨日のブログでAUDUSDの戻るラインを予想したのも、そのあたりが日足の、赤ライン(5EMA)付近だったからです。

以前のブログ不思議な赤ラインもご参照頂けると、より損が少ないトレードをしやすくなるかと思います。


※昨日のブログも、お読みいただいている方からのご意見を参考に書きました。
ブログは自分視点で書いてしまうので、みなさんから疑問や反論のコメントを頂きながら、よりわかりやすく、読みやすくしていきたいと思います。
初心者の方でも、素朴な疑問やご質問を頂ければ、以後に読まれる方の参考になると思いますので、お気軽にコメントして頂ければと思います。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

おはようございます。

今日は、朝からちょっとフライングで
ユーロ円130.22で売ってみました。

結果は、下がってくれたんですが

30pipsのトレール注文のを入れて
結局は130.03で決済。

今日のブログを見ていれば
赤のラインから離れたところで
いったん利食いをして次のエントリーを
考えるとこらでしたね。

本当に、参考になります。

また次を狙います。

それでは失礼します。

Re: NO TITLE

dannさん、おはようございます。

ユーロ円、儲かったようでなによりです。
何より、損をせず、少しでも儲ける! というのが素晴らしいです。
これが、虹色FXです。

以前、利確ポイントについて、お問い合わせを頂きながら、まだ書いてなくて、すみません。

利確について、簡単に言いますと、①既に利益が乗っている、②ストップを建値に変更してある、の2点ができていて、③モニターの前からしばらく離れるのでない...ならば、リミット注文はしなくて良いと思います。

先にリミット設定してしまうと、もっと伸びるところが伸ばせません。
...コワイから早く決済したい気持ちも、よくわかります。 私もそうでしたからi-229

しかし、建値をストップにした時点で、損はないので、あとは利を伸ばすだけ、気楽ですi-185


私の昨日のAUDUSDもそうですが、私は建値にした時点で、損はないので、できるだけ多くの利益を狙ってます。 結果としてストップでもいいのです。 損してませんからi-229

こんな風に考えてみるのも1つの方法だと思います。


なによりdannさんが儲かった良かったですし、私の手法を徐々にご理解頂いていて、感謝ですi-197

コメント頂き、ありがとうございました。
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ