行って来い

11月14日(日)

先週は欧州問題は大きく揺れたマーケットでしたが、1週間でみると、行って来いになっています

チャートはドル・円・ユーロ・ポンドの4通貨の組み合わせ6ペアの4時間です。
縦破線が週区切り線なので、先週1週間の動きが表されています。
20111114 6pair4H
ギリシャからイタリアへ波及した欧州財政問題でリスク回避の動きとなりましたが、イタリアは日本と違いプライマリーバランスはプラスですし、日本のように巨大な負債はありますが、今すぐく破綻するとは思えません。
ただ、マーケットから攻撃されて国債価格が下落し、利回りが上昇すると、この巨大な負債の利払い負担も増えて、さらには破綻が懸念されます。
...風が吹けば桶屋が儲かる的ですが

そんなわけもあり、一週間の動きは下げた分がほぼ戻しています。
近頃のマーケットはこういう動きが多いので、動きだしで乗れないと、後からの追っかけて乗るのはアブナイかもしれません。
現在は4時間チャートに虹はなく、方向感は定まらず、手を出しにくくなっています。

...もっとアブナイのは日本株かもしれません。
   オリンパス問題の影響は大きく、日本の4大監査法人の2つが関わりながら、
   粉飾を見つけていないとなると、日本の監査法人や株式市場への信頼は大きく損なうと思います。
   日本株市場は海外資金が大きく株価に影響するので、
   海外資金が逃げると、株価は大きく下げてしまうかもしれません。
   日本株の将来性について、人口減少と、企業業績低下もあり、私は悲観的です。



ちょっと、脱線しました
チャートをクリックして拡大して頂くとわかりやすいのですが、行って来いで戻してはいますが、それでも先週の高値(ピンク罫線)を抜けるまでは戻していません。
高値は切り下がっている、と考えています。
先週後半のディーラーズ・バトルにも書いたように、基本スタンスは売りのままです。
先週の高値を上抜けて行くようだと、考え直さなければなりませんが、そうでなければまだ下げる方向の方が可能性が高いと思っています。

今日は11月14日で、年末で解約するファンドの解約通知期限(45日ルール)にギリギリになっています。
この辺の事情は今夜のフォレックス・ラジオ MondayFXYEN蔵さんが話してくれるかもしれません。
ファンドなど、ビッグプレーヤーの動向はマーケットにも影響するので、こうした情報は持っておいた方がいい時期になってきているように思います。

ここから年末に向けては、こうしたファンド勢の動きにも注目かもしれず、現在もファンドマネージャーと情報交換している西原宏一さんの情報やメルマガは有効かもしれません。(かなり評判が高いです、当たるので

さぁ、今週はどうなるか
まずは欧州時間からになりそうですが、マーケットの動きに沿って虹が美しく現われるのを待ちたいと思います。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ