スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州リスク

11月11日(金)

昨日は、一昨日のイタリア・ショックが少し落ち着いて、米国時間には方向感がなくなりました。
私はクロス円を売っていましたが、下がらなくなったので撤退。
ディーラーズ・バトルには「方向感」というタイトルで、ここからの売りは危険...というようなことを書きました。

ただ大きな流れはまだまだ欧州リスクを抱えた状態で、ドル買い・円買いが進みやすい状況と考えており、まずは昨日安値を下抜ける動きとなれば、売りでついていきたいと思っています。

チャートはいつもの、ドル・円・ユーロ・ポンドの組み合わせ6ペアの1時間足です。
チャートの縦の破線は日付区切り線で、昨日の動きが表示されています。
20111111 6pair1H
7本線の中でも直近の動きを示す5EMAが上を向いてきて、虹のラインは下落の動きが止まってきています。
こうした局面が一番アブナイ時期で、少し戻ったところで売ろうと思うと、下げ渋ったりします。
この方向感がなくなった状態から再び下を向くかを確認してから売った方が安心ですし、そうした意味で、安値を抜けてからと思っています。

もう少し大きな流れを見るために、4時間チャートも見てみます。
20111111 6pair4H
一目瞭然なのは、ユーロ売り
ユーロドルの虹は明確に下向きですし、ユーロポンドも虹は下方向。
一方、ポンドドルは上昇から方向転換の途中ですし、下段の円はいずれも上方向の虹が下方向へ転換する途中です。

ギリシャは、パパデモス前ECB副総裁が首相に就任することとなり、ECBやEUとのパイプもあるし金融にも精通しているはずなので、パパンドレウのような首相リスクは少なくなると思いますが、問題は議会の対応でしょうか。

一方、イタリアは、選挙で負けたことのないベルルスコーニが、1度は首相を辞任しても再び選挙をすることで首相に再任されようと考えているようで、こうなるとギリシャがそうであったように、イタリア国民が何を考えているのか、そもそも国民がちゃんと政治に参加しているのか、という問題になりそうです。

日本でもそうですが、役人や職業政治家に任せていたらロクなことがありません
職業政治家で、税金からの収入や利権で生活しようという人が政治を行うより、「これをやりたい!」という市民がボランティアで議員をやり、短期間で交代するほうがいいのかもしれません。
...ノルウェー、スウェーデン、デンマークあたりはこうした政治体制のようです。
   日本も特に地方議会は、夜に議会を開いて仕事の後に市民が参加する方がいいと思うのですが

おっと、脱線しました
イタリアが破綻となると、その影響は大きく、日本や中国も無傷ではいられません。
世界的に大きなダメージになると思います。

そうなると米国もQE3を考えざるを得なくなり、こうした話題が出てくるとドル売りの機運も出てきます。
10月21日にデンバーで講演したFRBのイエレン副議長は、このときQE3に言及し、週明けの24日からユーロドルは緩やかに上昇傾向となり、このとき1.3850付近だったユーロドルは、27日には1.4250まで上昇しました。

米国が量的緩和を行うとその影響は大きく(過去のQE1、QE2で実証済み)、QE3が行われるとなると、ユーロ売り、ドル買いの動きが、ひっくり返されるくらいのインパクトがあると思います。

直近は、ドル買い・円買いスタンスで準備しつつ、今夜のイエレン副議長の発言でこうした言及があると、マーケットも動いてしまうので、週末でもありますし、深追いはしない方がよさそうです。

では、よい週末をお過ごしください

コメントの投稿

非公開コメント

QE3の発表待ち?

田向さん、こんにちは。

APECで「介入はダメ!」としっかり叱られてしまった財務大臣でしたね。
私は朝から犬を脱走させてしまって、妻に叱られながら、ゴミ出しに行かされました。

そんな事より為替ですが、やはりQE3が気になりますよね。
ここ最近のNY株式もそんな雰囲気を感じさせます。
ユーロ圏の問題は、まだスペインとかフランスも残っていると思うし、
ちょっと飽きてきました。だからこそ、QE3が気になってしまいます。

毎日のディーラーズバトルでのコメント大変参考になります。
以前よりポジションを持つタイミングにかなり慎重になれたように思います。

現在はドル円・ユーロを介入時にショートして、しっかり持っています。
自己記録更新中!で、今後のドル円の下落開始を待っている日々です。

追記
ドルスイスがいい感じのように見えます。押し目買いのタイミングでしょうか?

  


Re: QE3の発表待ち?

虹色の弟子さん、こんにちはi-179

先進国で介入なんてしてるのは、日本だけですからねi-229
政治家や官僚、そして彼らにお願いしている経済界の人も
もっとマーケットを理解して、根本的な政策を取る必要がありそうです。

ありゃ、i-100ワンちゃん脱走ですかi-197
私も河原で遊ばせてたら、怖いワンに会って、脱走させてしまったことがあります。
1キロくらい追いかけて走りましたが当然、人間は犬に追いつけずi-230
周りの人に聞きながら、犬の名前を呼びながら走ったら、
冷静になった犬が自分から帰ってきました。
それ以来、リードは絶対に外せませんi-235


QE3については、マーケットが希望的観測を持ちやすく、
そうしたセンチメントになるとドルは売られる動きになりやすいですね。
この辺の見極めや、マーケット参加者のセンチメントを測るのは難しいですね。
まぁ、素人の私はチャートに従って、チャートから教えてもらおうと思います。
...余談ですが、西原さんのメルマガもお勧めですけどi-229

ドルスイスは、押し目買いだと思います。
まずは昨日高値を越えてからの方が安心ですね。

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。