期末要因

9月29日(木)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事や雑誌連載を参考にして下さいね
直近のマーケット動向・相場観については、随時、ディーラーズ・バトルtwitterで書いています。
貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
虹色の仲間の勉強会はこちらをご覧下さい

明日は9月30日で日本の上期末、海外では第3四半期末になります。
期末には決済の実需の動きなど出る場合があり注意したいところです。
特にユーロポンド、そして円の動きに警戒しています。

特に9月の1カ月ではユーロの下落が大きく、ユーロ円は8月末の110円付近から現在は103円と7円も円高に動いていて、欧州向けの輸出企業の収益には大きく影響していると思います。

チャートはユーロ円の日足です。
20110929eurjpy1day.gif
虹が日足でも明確なので、下げる方向ですが、さすがにこの下落は輸出企業には厳しいと思います。


ドル円の日足も当然下落しています。
20110929usdjpy1day.gif
しかしこちらの直近の虹は、少し乱れる気配を見せてきていて、もしかすると少し上に行くかもしれません。

月曜日にフォレックス・ラジオでご一緒した、元BOAのトレジャラーである豊商事の大倉孝さんはドル円のロングをキープしていて、介入を考慮しているようです。

介入があるなら、この期末に一度レートを押し上げて、輸出企業に決済のチャンスを与えたりする可能性があるので注意したいと思っています。

昨夜はクロス円が少し下げましたが、基本的には欧州のEFSF拡充案を各国議会が承認するかに注目が集まっています。
昨夜、ディーラーズ・バトルでも書いたように、フィンランドも承認可決してユーロ圏17か国中9か国が承認しました。
今夜はドイツの議決があり、ここが可決しないと先に進まないので、このドイツ議会に注目が集まります。

このEFSF拡充が問題なく各国で承認可決され、規模が拡大すると、欧州の不安要因が少し減って、これまでのドル買い・円買いが戻されると考えています。

本日も引き続き欧州動向に注目しつつ、実需の動きなど期末要因に注意したいと思っています。
私も期末なので、会社の支払いや請求書などを処理しなくちゃ


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ