EFSFの拡大

9月28日(水)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事や雑誌連載を参考にして下さいね
直近のマーケット動向・相場観については、随時、ディーラーズ・バトルtwitterで書いています。
貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
虹色の仲間の勉強会はこちらをご覧下さい


昨日はブログで書いたように、ドル買い・円買いが一服となり戻す相場でした。
欧州の金融不安が解消されるとの思惑から、NYダウも一時300ドル以上上昇ましたが、結局は146ドル高で終了。
昨夜ドイツのメリケル首相は、「ギリシャの安定化のため、ドイツはあらゆる支援を行う」と発言し、ドイツ議会に対してはEFSFの拡充の承認可決を求めました。

マーケットのギリシャに対する不安を払拭して、ユーロ危機を回避したいのでしょうが、私は、マーケットのセンチメントが一気に改善していくとは思えず、再びリスク回避の動きからドル買い・円買いに戻ると考えています。

チャートはユーロドルの4時間です。
20110928eurusd4h.gif
現在の1.3550~80付近(ピンク罫線)は、ここから上に行くか下に行くかのポイントになりそうで、過去にも何度もここがポイントになっていることから(黄色●)、このレベルから上に向かうのか、下に向かうのかが重要になりそうです。
...虹は乱れていますが、流れは下なので、私は下方向を考えていますし、
   戻しても1.38(青罫線)付近がメドになると思っていますが、
   EFSF拡充が各国議会ですんなり可決すると上抜けるかもしれません。

ドル買いの動きが一服したのは上のユーロドルの動きの通りですが、円買いの動きも見てみます。

チャートはユーロ円の4時間です。
20110928eurjpy4h.gif
ユーロドルとユーロ円は、ドル買い・円買い・ユーロ売りでほぼ同じ動きをしています
こちらも105円30付近(ピンク罫線)がメドで、下方向を考えています。

まずは欧州の不安払拭のためには、EFSF(欧州金融安定化基金)の規模の拡充が必要で、そのためにはここに資金を出す欧州各国の議会の承認可決が必要になります。
今日はフィンランド、明日はドイツ、明後日はオーストリアで、それぞれEFSFの拡充を可決するかが注目されており、ユーロは動きにくいかもしれません。

欧州の政治と株価が注目される状況が続きそうです。


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ