FOMC待ち

9月21日(水)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事や雑誌連載を参考にして下さいね
直近のマーケット動向・相場観については、随時、ディーラーズ・バトルtwitterで書いています。
貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
虹色の仲間の勉強会はこちらをご覧下さい

今夜(明朝未明?)FOMC(米連邦公開市場委員会)が声明文を発表します。
ここでどのような緩和策を提示するのかが注目されており、今日のマーケットは動きにくく、方向感のない展開が予想されます。
...虹色FXでは、方向感のない相場はお休みです


チャートは、ドル・円・ユーロ・ポンドの組み合わせ6ペアの1時間で、縦破線は日付区切り線です。
20110921 6pair1H
ユーロドル、ポンドドル、ユーロポンド
ドル円、ポンド円、ユーロ円、という配置です。
右上のユーロポンドを除き、大まかには右下に向けて虹が出ていましたが、昨日か一昨日から乱れ始めていて、現在は虹がはっきり現われておらず、方向感が失われています。

今夜FOMCの発表を控えており、ここでドルの緩和策が出ると、ここまでのドル買いがドル売りに変わる可能性もあり、誰もがポジションを取りにくいと思いますし、動きにくくなると思っています。

しかし、ここまでの大きな動きは、ドル買い・円買い
チャートは上の6ペアの4時間で、少し長い範囲で見てみます。(縦破線は週区切り線)
20110921 6pair4H
ここでも右上のユーロポンドを除き、右下へ虹が出ていて、ドル買い・円買いとなっていることが明らかです。

大きな流れは、ドル買い・円買いなので、ポジションを取るならこの方向を意識しつつ、FOMC後に、この方向で1時間や15分で下向きの虹がきれいに出てくるかに注目したいと思っています。

昨夜、ディーラーズ・バトルでは、豪ドルの上昇の可能性を書きましたが、私が意識していたポイントをぎりぎりで上抜けず、結局昨夜は上昇しませんでした
この辺からも、大きな流れはまだドル買い・円買いで、逆のドル売り・円売りにはなっていないようです。
...豪ドルは、ブラジル・レアルや、南アフリカ・ランドの下落の影響もあると思います。


方向感のわからないときにポジションを持つのは、ただのギャンブルになってしまうので、FOMC後に方向感が定まってきたらトレードすることとして、無用な損失を出さないようにしたいと思っています。

ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ