不安対策だが...

9月16日(金)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事や雑誌連載を参考にして下さいね
直近のマーケット動向・相場観については、随時、ディーラーズ・バトルtwitterで書いています。
貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
虹色の仲間の勉強会はこちらをご覧下さい

またやっちゃった
10時台にアップしたつもりが、アップされてませんでした。
すみません。



昨日は方向感がなくなってきて、私はポジションを取りませんでしたが、22時に各国金融当局が協調してドル資金を供給するとの発表で、マーケットはひっくり返りました

年末に向けて金融機関のドルの資金需要に準備するため、ECB(欧州中央銀行)、SNB(スイス国立銀行・中央銀行)、BOE(イングランド銀行・中央銀行)、日本銀行が、FRBと協調して、ドル資金を無制限に供給(融資)する、というものです。
...発表を見て、介入と思った方もいたようですが、協調介入ではありません

これでおそらく、LIBORは下がるものと思われますが、今朝の時点では変わっていませんでした。

こうした金融政策の詳しい話は、元プロのYEN蔵さん、西原宏一さんに、お任せするとして、私は虹色チャートの視点で見てみます。

チャートはユーロドルの1時間です。
20110916eurusd1h.gif
昨日のブログにも書いたように、金曜と月曜に下げ過ぎたユーロドルは、今週は戻る動きになっています。
...行き過ぎたら、戻る、というのがマーケットなので

昨日の、ディーラーズ・バトルでは、1.3950から1.40付近までの戻りを予想しており、このような形で戻るとは思っていませんでしたが、そこが虹色チャートの不思議なところで、ほぼ予想レベルの1.3935付近(ピンク罫線)まで昨日は上昇しました

これは週足の虹色チャートから予想したもので
20110916eurusd1week.gif
黄色●部分が空きすぎていたので、戻ってきた、というものです。
ただ、ここからさらに上昇するのかは、難しいところで、当面は昨日の高値1.3935付近(ピンク罫線)を上抜けるかに注目しています。
...予想としては上抜けず、下げる方向と考えています。


昨夜発表された、ドル流動性確保策は10月ものの資金供給オペで、日銀は10月12日からだったと思いますし、今すぐドル資金が市場に供給さえるわけではありません。

欧州の銀行などが、ドル資金を調達できなくなっている、などの噂に対応するため、各国中央銀行がドル資金を供給することをアナウンスすることで、マーケットの不安を抑え、流動性危機の噂や思惑を抑えて、無用なユーロ売りを抑えようというものでしょう。

ただ、一方でこうした対応を噂対策だけでするとは考えられず、やはりギリシャのデフォルトなど重大な問題が年末に向けて起こる可能性に備えた、と考えた方がいいかもしれません。

このようにチャートと、ファンダメンタルズの両面から、ユーロが積極的に買われる要因はなく、虹色チャートがユーロ売りを示せば、再びユーロ売り参入したいと思っています。


明日は、投資ラボ で西原さんのセミナーが13時からあり、私もチャート画面の操作などのお手伝いで行きます。
おそらく、セミナー後はお茶をする機会があると思うので、ご参加される方は、お気軽に声をかけてください


昨夜の各国当局のアナウンスの影響が今日も続くのか見極めて、損をしないように取引したいと思っています。
日本は連休になりますね。
素敵な週末をお過ごしください



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ