ユーロドルの重要ポイント

9月6日(火)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事や雑誌連載を参考にして下さいね
直近のマーケット動向・相場観については、随時、ディーラーズ・バトルtwitterで書いています。
貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
虹色の仲間の勉強会はこちらをご覧下さい


ユーロドルは重要な分岐点に来ているようです。
私は金曜日にユーロスイス、ポンドスイスを決済し、昨日の朝にユーロドルを決済しましたが、いずれもそのあと100pipsぐら下げていて、取り損ねました

週が明けてもユーロ・ネガティブな要因が変わらず、また米国市場がお休みだったにもかかわらず相場はじわじわとユーロを売る動きだったように思います。

チャートはユーロドルの日足です。(縦破線は月区切り線)
20110906eurusd1day.gif
昨日(月曜)は金曜からの売りが強く、窓を開けて下落。
私は日足の5EMAからも離れていることから、窓埋めと5EMAへの戻りで1.4250ぐらいまで戻るものと考えてショートは決済しましたが、窓はまったく埋まらず、5EMAにも戻りませんでした

このためユーロドルはじわじわ下落し、重要ポイントの1.4050付近(ピンク罫線)へ。

ここは8月5日の安値と顔合わせする位置であり、ここを下抜けると1.40の大台を割り込んで1.39台かその下へ下げる可能性が出てきます。

そこでもう少し長い目で週足を見てみます。
20110906eurusd1week.gif
上の日足にも出ている青のトレンドラインは週足で引かれた2010年6月の1.18からのサポートラインです。
このラインが1.40付近にあり、ピンク罫線青斜線を下抜けると、ここまでの長いユーロ上昇は終わって、1.2方向への暴落が始まるかもしれません

こうした意味でユーロドルは重要ポイントに差し掛かってきており、昨夜のディーラーズ・バトルでも書いたように、まずは1.4050付近の下抜けに注目したいと思います。

この辺のユーロの動きは、昨夜のMondayFX第73回で、YEN蔵さんと、だいまんさんが女子大生抜きで熱く語っているので、参考になるかもしれません。


また9月17日(土)には西原宏一さんが、八丁堀の投資ラボで生セミナーを開催されます。
有料ですが、内容が実践的で利益の増減に関わる話なので、こちらもお勧めです。
...私も行きます


ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

利確のタイミング

田向さん、こんにちは。
毎日ブログを拝見して、勉強させて頂いてました。

あまりに久々で、コメントしづらかったのですが、
思い切って発信します。
8月の荒れた相場で、増やした元金を減らしてしまい、
その後はデモトレードをしていました。

ポジションを持つタイミングと利確のタイミングは、
いつまでも消えないテーマですが、
この週末でやっと自信が取り戻せてきました。

そろそろリアルトレードに戻ろうかと思っています。

虹色の勉強会にも、一度は参加させて頂きたいと思っています。
今後とも、よろしくお願いします。

追伸 ドルインデックスに上昇の兆しが見られますが、いかがでしょうか?




Re: 利確のタイミング

虹色の弟子さん、こんにちは
お久しぶりですねi-179

ボランティアなどでお忙しいのかと思ってましたi-229
私もみなさんと同じ個人投資家ですし、気兼ねせずに、お気軽にコメントしてくださいi-184

相場をやっていると、調子のいい時もあれば、悪い時もあります。
...私もそうです。
   俺って天才i-184、と思うときもあれば、
   しょせん素人だよなぁi-195、となるときもありますi-229

だからこそ、できるだけ損を抑えて、トータルでプラスになれば上出来でしょう。
別の方のコメントにもありましたが、FXも投資ですから、年に20%ぐらいのリターンがあれば、ほかのどの金融商品より優秀な運用先ですし、ヘッジファンドTOP100の平均利回りも20%ぐらいです。

調子が悪くなったり、迷うときはデモトレードするのも良い方法だと思います。
近頃、トレード・タイミングを練習するのに適したソフトを見つけたので(現在テストで使い倒してますi-229)、有益そうであれば、ブログでもご紹介しますね。

e-491虹色勉強会もまた秋ぐらいの週末で開催しようと考えているので、お時間があれば、お気軽にご参加ください。

ドルインデックスは当面75.5を上抜けるかですが、ユーロドルやポンドドル、オージードルなどの動きを見ていると、ドル買いになる可能性も高いと思っています。

本日のブログのユーロドル同様にそろそろドル売りからドル買いへ変わる可能性のある分岐点かもしれませんね。

ではまたi-88

No title

田向さん、こんにちは。

このところずーっとチャートを眺めつつもタイミングがつかめず見送ってばかりでいます。
8月はついにトレードゼロでした。

常に複数の通貨ペアをチェックしていればよいのでしょうが、私はドル/円、ユーロ/ドルをメインにトレードしていて、たとえば豪ドル/円で虹が出そうになっていても、ふだん見慣れていないのでどうも躊躇してしまって・・・。

ユーロ/ドルも器用な方はうまくとっているのでしょうけど、ここ数日のドル買いの波にも乗れませんでした。

さきほど17時台から急に動いていますし…危ない、危ない。

自分の居場所の時間帯で虹が出るまで、しばし忍耐です。

ぐちになってしまって申し訳ありません。
いつも虹の解説をありがとうございます。

Re: No title

ともさん、こんにちはi-179

タイミングがつかめないなぁ...というときはデモがおすすめです。

私は今でも、自信はないけど行るかな?という場面ではデモでトレードして
次回にその経験を活かせるようにしています。
...「行けるかなぁ?」と迷うときはリアルではトレードせずi-229
   自分のお金を使うのは、「よし、行けるi-197」という条件の時だけです。
   ま、それでも今日みたいに、早目に撤退することもありますけどねi-229


こうすると、もし失敗してもデモですし、失敗の理由を検証できます。
何事も練習せずに上手くはならないので、徹底してデモするのがいいと思いますよ。

スポーツでも本を読んだだけではプレーできませんよねi-229
トレーディングも同じだと思います。
デモトレードで、いっぱい練習して、いっぱい失敗して、いっぱい検証して自分のトレードを見直してみてください。(ここまで、お金は一切かかりませんしねi-235
そうした努力をマーケットは裏切らないと思います。

私もそうやって、何度もデモ口座も飛ばして練習してきました。
みんな同じだと思いますよi-236

ではまたi-88
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ