豪ドル上昇の可能性

8月15日(月)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
ブログ公開後のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで書いています。
貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
虹色の仲間の勉強会はこちらをご覧下さい
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本はお盆休みになっている方も多いようですが、グローバルな為替マーケットは何の影響もありません。
土曜日は少し空いた時間にフォレックス・ラジオのワーク・ショップに乱入し、参加されていた4人の個人投資家の方と少しお話しました。
...こうした個人投資家同士の情報交換はいつも勉強になりますし、面白いです

さて、マーケットですが、ドルは方向感が定まらないままなので、豪ドルに注目しています。
今朝のテレビ東京 ニュース モーニング・サテライトでも豪州経済について、解説されていますが、インフレが警戒されています。

オーストラリアの物価は上昇していて、2011年4~6月期の消費者物価指数は年率3.6%の上昇となってインフレが警戒されています。
インフレ警戒となれば、利上げの可能性があり、各国の金融政策が低金利になっている現在では、貴重な高金利国です。

チャートはオージードルの1時間(上)とオージー円の1時間(下)です。
20110815audusd1h.gif
20110815audjpy1h.gif
どちらもほぼ同じ動きをしており、ドルや円が売られて上昇しているのではなく、豪ドルが買われていることがわかります。
また、どちらも直近の高値(黄色●部分)は8月10日ですが、今日はこの高値(ピンク罫線)を上抜けています。


しかし豪ドルは一時利下げもあるのではないかと考えられたこともあるので、もう少し長期のチャートを見てみます。

チャートはオージードルの4時間(上)とオージー円の4時間(下)です。
20110815audusd4h.gif
20110815audjpy4h.gif
4時間チャートで見ると、米国債の格下げなどの不安要因で豪ドルは一気に売られましたが、上の1時間チャートで示した直近の高値(このチャートでは▼で示す部分)を明確に上抜けると、大きく上に戻る可能性が出てきます。

虹のラインはまだ1時間でも虹の7本が揃っていませんし、直近は5EMAから離れているので少し下げると思いますが、この8月10日の高値(ピンク罫線)ラインを明確に上抜けていくと、1時間の虹が揃いそうです。

豪ドルは、円やドルの動きより、豪ドル自体の動きになっているので、ドルの方向感が定まらず、また円も動きにくい現在の相場では、トレードに適しているかも知れません。


今週もマーケットが始まるので、損をせず、楽しんでいけるようにしたいと思います
ではまた

コメントの投稿

非公開コメント

金言

こんばんは、土曜日はお世話になりました。
昨日、今日ですべてのブログ記事を読み終わりました(汗)

わたしが使っているGMMAと重なるところが多く(ほとんど同じ)、たくさんのヒントをいただありがとうございます。

あらためて<…しかない相場>まで待つことを肝に銘じさせられました。資金力の乏しい個人投資家にとって「金言」だと思います。

オージー、抜ききれませんね。参加者が少ないのでしょうか。それとユーロ・ドル、6月からのレンジ幅が少しづつせばまってきたようで、エネルギーを蓄えているようですね。こちらは9月以降のお楽しみということで…。

それでは失礼します。

Re: 金言

タカギさん、こんばんはi-179

土曜日はフォレックス・ラジオのワークショップに突如乱入で失礼いたしました。
...渋谷で時間が空いたので、ちょこっと顔を出してみましたi-229

> 昨日、今日ですべてのブログ記事を読み終わりました(汗)

え~っi-198 私のブログを読み返していただいたのですかi-197
ありがとうございますi-179

私もタカギさんに刺激されて、久しぶりにGMMAチャートを表示させてみました。
e-491虹色の原点なので懐かしく、またe-491虹との共通点も多々ありますね。
いずれみ、トレンドをみつけ流れに乗った取引ができるので、
個人投資家には一番安全で適しているチャートだと思いいます。

また、何より、e-491虹もGMMAも、今が待たなければならない相場であることがわかるのが、いいですよね。
危ない相場には手を出さず、損をしないことが一番だと思いますし、損失回避と資金管理が相場のツボなのではないでしょうか。

またこのブログにもお気軽にコメントしてくださいね。
今後ともよろしくお願いいたします。

ではまたi-88

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ