ユーロの動き

7月8日(金)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨夜はトリシェ発言でユーロがひっくり返りました
虹色のルールではイベントは避けることになっているので、昨夜にポジションを持つことはありません。

こうした要人発言などで急反転が起こった場合、マーケットで何が起きたかすぐにはわかりません。
情報が個人投資家に入るのは、プロの後なので、対応も遅れることになります。
このためイベントで取引したり、イベント直前にポジションを持つと、急反転に反応できなかったり、損切りさせられてしまうので、虹があっても、イベントは避けた方が賢明だと考えています。
虹色FXは、儲けを追求するのではなく、損失を回避することで結果として利益を残すの戦略なので、こうしたことになります

昨夜の動きを15分チャートで見てみます。
20110708eurusd15m.gif
15分チャートなので、チャート左右にある縦破線が日付区切り線で、ほぼ1日の動きを示しています。
これを見ると20時45分(mt4では14時45分・ピンク縦線)のECB政策金利発表まで緩やかに下げています。

次のピンク縦線は21時30分で、ここでトリシェ発言がでました。
今後の利上げの可能性と、ポルトガル国債を担保として受け入れる措置を表明して、当初売られていたのに反転して急上昇となります。
チャートは長い下ヒゲとなり、この辺で売った人はみな切らされたと思います。
少し耐えても前日のチャート・ポイントのピンク罫線部分や、その少し上の本日の高値だった付近でストップを借られたでしょう。

この下ヒゲ部分は、5EMAから離れているので、虹のエントリーポイントから外れていますし、そもそも重要イベントは避けなければなりません。


さて、ここからの動きですが、今夜は雇用統計です。
昨夜のADP雇用統計(全国雇用者数)がポジティブ・サプライズで今夜の雇用統計にも好結果が期待されています。
ただ、この結果が良いのか、悪いのかは、神のみぞ知るというものでわかりません。
またこの結果に左右されて大きく上下する可能性があるので、どちからにポジションを持つのは丁半博打の様で危険だと思います。

まずは雇用統計を見極めて、7月からの下期の動きを考えた方が良いと思っています。
そして、今日は週末金曜日。
深追いせずに、行きたいと思います。


ではよい週末をお過ごし下さい

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ