ユーロの動き

6月28日(火)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ギリシャ緊縮財政案の採決を控え、マーケットの思惑でユーロが動いています。
いくらギリシャでもデフォルトは避けたいだろうから、緊縮財政案は可決されるだろうと思われますが、この法案が可決された後も、その具体的実行方法の法案採決があり、これが要注意かもしれません。
...総論賛成、各論反対、ということに成りかねないのがギリシャかもしれません

この6月末から7月始めまでは、やはりユーロが注目なので、ユーロを中心に見てみます。

まずはユーロドルの1時間。
20110628eurusd1h.gif
いつもより幅を狭くして長い期間を表示していますが、1時間チャートでも虹が長続きしていないことがわかります。
1.40から1.45ぐらいでレンジになっています。
昨日も戻り売りを考えていましたが、下がらず上がってしまいました。

4時間チャートも見てみます。
20110628eurusd4h.gif
昨日のディーラーズ・バトルでコメントしたように、4時間では売られ過ぎている場面(ピンク●円部分)だったので、戻りを予想しましたが、少し大きく戻してしまい、6月24日の戻り高値1.43付近(ピンク罫線)も越えてしまいました。
こうなると、次のメドは、6月22日の高値1.4440付近(ピンク罫線)ですが、ここは厳しいのではないかと思っています。

ただ、ギリシャの採決が順調に進むと、7月7日(木曜日)にはECB理事会があり利上げが予定されているので、ここまで上昇が続くと、1.4440もあるかもしれません。


このユーロの上昇にはギリシャ要因だけでなく、月末に伴うユーロポンドの決済もあるようです。
チャートはユーロポンドの4時間です。
20110628eurgbp4h.gif
このところ、ポンドが売られていることもあり、ユーロポンドの4時間は先週から虹が出てユーロが上昇しています。
このユーロ買いもユーロドルの上昇を後押ししているかもしれません。

そこでこのユーロポンドを見ると少し買われ過ぎになっており(ピンク●円部分)、前回の同じような場面(ピンク●円部分)と比較しても、この後下げる可能性があると考えています。
...ただ、前回の高値を上抜けているので、もっと上がってしまうかもしれませんね。


まずはギリシャ国会の採決状況と、月末月初要因に注意しつつ、マーケットの動きに寄り添って行きたいと思います。

ではまた


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ